Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

しらべぇ Headshot

若者(女性)のテレビ離れ?「全く見ない日」がある人がもっとも多かったのは...

投稿日: 更新:
YOUNG WOMEN TV SMARTPHONE
Woman on armchair with phone | Frank Herholdt via Getty Images
印刷

かつてテレビは「娯楽の王様」とも呼ばれた。スポーツやドラマ、ニュースなどさまざまな映像を無料で見ることができ、家のリビングやソファセットはテレビを中心にしていたと言える。

しかし今や、ニュースはどこにいてもテレビより先にスマホに飛び込んでくる。FacebookやTwitterは、いつも話のネタにこと欠かない。

テレビ業界関係者によれば、以前「ヒット番組」の目安は視聴率20%超えだったが、今では2桁に乗れば御の字だという。

こんな時代の「テレビの見られ方」について、全国1400名に調査を実施した。

■3人に1人は「テレビを見ない日」がある

2015-10-22-1445476234-8138871-1022_sirabee_02.jpg

20〜60代の男女に聞いたところ、「テレビを全く見ない日がある」と答えたのはおよそ4割弱。1日1回でもつける人のほうが6割と多数派だが、もはや全国民を網羅するメディアとは言いづらいかもしれない。

■「テレビ0」の人がもっとも多いのは20代女性

2015-10-22-1445476278-4563151-1022_sirabee_03.jpg

今回の調査で、「テレビを見ない日がある」と答えた割合がもっとも高かったのは20代女性。

テレビ業界では20〜34歳の女性は「F1層」と呼ばれ、ゴールデンタイムのドラマやバラエティ番組は、この女性たちをターゲットにしてつくられることが多い。

しかし、その彼女たちこそがいちばん「テレビ離れ」している可能性が見えてきた。

また、20代を除くすべての世代で男性が女性を上回り、男性のほうがよりテレビが生活の中から消えつつあるのがわかる。

■テレビ人気の分かれ目は「大卒以上かそれ以外か」

このデータを回答者の最終学歴で切り分けてみると、さらに興味深い。

2015-10-22-1445476306-1817856-1022_sirabee_04.jpg

中卒〜短大卒までの男女では、7割前後が少なくとも1日1回はテレビをつけている。しかし、大卒および大学院卒の層では、テレビ0の日がある人が4割を超えた。

いま見てくれる人との絆を強くする番組をつくり続けるのか、高学歴層も狙う新たなコンテンツを生み出すことができるのか。テレビ業界に突きつけられた課題は小さくない。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年9月25日~2015年9月28日
対象:全国20代~60代の男女計1,400名

【人気記事】
リア充の祭典「ハロウィン」についていけない人が判明!20代男性だけが...
首都圏から「夜の蝶」が流出?金脈求め風俗嬢が地方へ「出稼ぎ」に
やっぱり気になる?アレのとき演技してる女性はあの世代に多いことが判明
LINE・Facebook・Twitter・mixi...いちばん「気が重くなるSNS」はどれだ!?
真っ赤な餡で脳活性化!?誰でも「入学」できる東大名物「赤門ラーメン」とは?

気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をFacebook ページでも

気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をTwitterでも

他のサイトの関連記事

キャンペーン:「みてみて4・6・8」 ストップ!テレビ離れ 高知の民放3局が協力 共同CMや局アナ相互出演 /高知

いよいよテレビ放送というビジネスモデルも限界かもしれない