Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

スキンケア大学 Headshot

専門家が教える!日焼け後には、美白化粧品がだめな理由

投稿日: 更新:
印刷

2016-05-12-1463021247-2529886-imasia_7608074_M.jpg


いきなり美白化粧水はダメ

日焼け止めや日傘などで紫外線予防していても、うっかり日焼け!なんてことはよくありますね。特に曇りの日などは油断しがちです。

肌の老化を防ぐためには、日焼け対策はもちろん、日焼け後のケアもとっても大切。でも、日焼けしたからといって美白化粧水でいきなりバシャバシャなんてこと、していませんか? 美白化粧水は肌に刺激の強いものが多く、日焼け直後の使用はおすすめしません。せっかく高価な美白化粧水を使用しても逆効果でもったいないです。

日焼けは「やけど」ということを忘れないでくださいね。

念入りなパッティング

念入りなパッティングはNGです。日焼け後のお肌は、バリア機能が低下しています。保湿はとても大切なことですが、化粧水を使用する際、手やコットンで何度もパッティングするのは逆効果。特にコットンでの必要以上のパッティングは肌表面へ細かい傷がつき、さらにバリア機能が低下します。コットンを使用する場合は優しくなじませるように使用しましょう。もちろん手で付ける際も優しく包み込むようにたっぷり付けてあげてください。

シートマスクでのパック

一見効果的のようなシートマスクでのパックも実はおすすめできません。美容成分がたっぷり入ったシートマスクは美白化粧水と同様、日焼け直後の傷ついたお肌には刺激が強すぎます。逆に炎症を起こしてしまう危険性も。たっぷり保湿をすることはとても大切なことですが、弱ったお肌に刺激を与えすぎるのは逆効果なのです。

効果的なアフターケア

日焼け肌はやけどなので、まずは「冷やす」。火照りを取って肌をクールダウンさせることが最も重要なことです。冷たいタオルで冷やしたり、保冷剤をタオルで巻いてあてるなど、お肌をクールダウンさせましょう。

その後は「刺激の少ない化粧水でたっぷり保湿」します。化粧水を冷蔵庫で冷やして使用することも効果的ですね。パックするときは冷蔵庫で冷やした化粧水をコットンに含ませて、コットンパックを行います。

火照りや痛み・赤みが消えてからが美白化粧水の出番。美白化粧水に含まれているビタミンCをはじめとした美白成分は、メラニン生成抑制する働きがあるので、お肌の状態が良くなってからはいつも以上に念入りに使用したいところです。日焼け後1~2日たって、お肌の状態を確認してから使用しましょう。

そして、日焼け直後からもできるケアは内側からのケア。日焼け直後からメラニン生成は既に始まっています。美白化粧水等を使用できず外からのケアが難しい時ほど、ビタミンA、Eを多く含む食材やサプリメントで、内側からのケアも徹底しましょう。特に緑黄色野菜はビタミンCやAを含むものが多いので、意識的に摂取するといいですね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・香りが肌の負担になる?"香り"の実態をお教えします。
・肌、甘やかしていませんか?ドクター監修!"シンプルケア"のすすめ!
・朝の洗顔は水だけがいいのは本当?専門家がお答えします。
・どうやって防げばいい?性器カンジダ症の予防法