Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

スキンケア大学 Headshot

くりかえすのはなぜ?カンジダ菌が再発しやすい本当の理由

投稿日: 更新:
印刷

性器カンジダ症など、カンジダ菌が原因となる症状は、改善しても生活習慣を変えないかぎり再発の可能性は常にあるといわれています。それはなぜでしょうか?ドクター監修のもと、カンジダ菌の感染経路から、再発しやすい理由を紐解きます。

2016-04-22-1461288803-3510711-114761.jpg

カンジダ菌の感染経路とは


カンジダ菌の主な感染経路は、自己感染です。カンジダ菌は、性器の粘膜周辺や消化管、皮膚などに存在する常在菌なので、症状が出ていない健康な人も保有しています。普段は悪影響を与えないものですが、体調不良や過労、ストレスなどによって体の免疫力が下がると異常に増殖し、体にさまざまな症状を起こすことがあるのです。特に、妊娠中や糖尿病などの病気を患っているときは免疫力が低下していることが多いので、増殖しやすいといわれています。また、抗生物質やステロイド剤の服用中、女性であれば月経前後も増殖しやすいので、注意が必要です。

性交渉によるカンジダ菌の感染は少ないといわれていますが、免疫力が低下しているときはまれに感染することがあり、その確率はおよそ5~10%といわれています。特に、性器カンジダ症を患っているときに性交渉を行うと、感染しやすいとされています。男性の場合は性器がむきだしになっているので、性交渉後にシャワーなどでしっかり洗い落せば、ほとんどの場合に感染することはないそうですが、包茎の人は洗い落とすのが難しくなることから、感染に至る場合もあると言います。とはいえ、男性から女性に感染するケースの方が圧倒的に多いようです。

その他、産道からの母子感染が見られることもあります。感染すると、赤ちゃんの口の粘膜に「鵞口瘡(がこうそう)」という白いこけ状のものができてしまうことがあります。

カンジダが再発する理由と予防法


性器カンジダ症の再発には、再感染する場合と、体内のカンジダ菌が再増殖する場合の2つのパターンがあります。

再感染するケース


腸管に存在しているカンジダ菌が肛門から膣(ちつ)に外陰部を経て感染してしまう場合と、性交渉によって新たに感染する場合があります。性交渉による再感染を防ぐために、陰部の清潔を必要以上に保とうとすることがありますが、これは逆効果です。陰部を石けんで過剰に洗うと、膣が本来持ち合わせるバリア機能を失うことになり、かえってカンジダ菌の増殖につながります。感染を予防するには、コンドームを着用するのが一番の方法でしょう。

また、パートナーの男性が包茎の場合は、性交渉による再感染が起こりやすいといわれています。くり返し感染してしまう場合は、包茎手術も1つの方法として検討してみましょう。

再増殖するケース


症状が治まったと思っても、検査で検出できない程度の菌が膣内などに残っていた場合、なにかしらのきかっけで再び増殖して発症する場合があります。そもそも、カンジダ菌は常在菌なので、生活を見直さないかぎり増殖の可能性は否定できません。再発させないためにも、カンジダ菌が繁殖しやすい環境を作らないよう心がけましょう。免疫力が低下しないよう規則正しい生活を送るのはもちろん、通気性の悪い下着・服の着用を避けたり、必要以上に抗生物質やステロイド剤などの薬剤を使用しないなどの対策が必要です。

※性器カンジダ症の予防方法について、詳しくは『性器カンジダ症の主な原因と予防法』をご覧ください。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます


・放置したままでは危険?性器カンジダが自然治癒しないケース
・女性だけじゃないんです!男性の「性器カンジダ」の症状と感染原因
・性器カンジダ症はうつる?完治前の性行為セックスに関する疑問
・どうやって防げばいい?性器カンジダ症の予防法
・もし性器カンジダ症になってしまったら?病院・自宅での検査方法

他のサイトの関連記事

女性だけじゃないんです!男性の「性器カンジダ」の症状と感染原因