Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

スキンケア大学 Headshot

ドクターにおしえてもらいました!自力で二重まぶたにする方法ってホントにあるの?

投稿日: 更新:
印刷

2016-05-24-1464060987-4934855-2016052314639785349263277Fotolia_106990236_Subscription_XLthumb.jpg
Photo by Shutterstock

二重まぶたにしたくても美容整形に不安を抱く方もいるかと思います。また、アイプチなどを毎日するのも手間だと感じる人もいるでしょう。なんとか自力で二重まぶたを手に入れる方法はないのでしょうか?インターネット上では、二重まぶたにするためのさまざまな方法が紹介されています。

自力で二重まぶたにする方法として知られているもの

自力で自然な二重まぶたを手に入れることができる、として知られている方法はいくつかあります。ここでは、その中の2つを紹介します。

(1)マッサージをしてまぶたのむくみを取る方法

まぶたのむくみによって、本来二重だったものが一重の状態になってしまっている場合があります。そのような場合は、まぶたのむくみをとることで、二重に戻すことが可能です。

40℃前後に温めた蒸しタオルを5分間目(まぶた)の上に乗せます。その後、冷たい水で濡らしたタオルを1分間目(まぶた)の上に乗せます。これを2~3回くりかえすことによって血行がよくなり、まぶたのむくみ改善に繋がります。

さらに眉間のすぐ下の骨が落ち込んでいるところをグーッと一回約15秒間押さえつければ血行がさらに促進されます。これを眉頭から眉尻にかけて順番に行っていくことで目の周りの毛細血管をマッサージすることができます。

(2)自分で二重のラインをくせづけする方法

二重のラインを作りたい部分を決め、そこを毎日アイプチのスティックなど細いものでなぞりましょう。まぶたの皮膚を傷めないように優しくなぞってください。線が付いたと思ったら、その線がくっきりとした跡になるように、上目遣いにするなどして目を見開きさらにラインを定着させていきます。これを地道にくりかえすことで自然に二重ができることもあります。


本当に自力で二重にすることは可能?

一重まぶたの人は、上眼瞼挙筋の分岐が皮膚にくっついていないか、分岐の皮膚へのくっつきが弱い上に皮下脂肪などの原因が重なって、まぶたの上の皮膚まで持ち上げることができないために一重まぶたになっていると考えられます。

そのため、皮膚への筋肉のくっつきが弱くても、皮下脂肪部分を薄くすることができたり、上眼瞼挙筋の筋力が上がりまぶたを持ち上げる力が強くなれば、一重まぶたの人でも二重まぶたになるケースもあるようです。

ただし、まぶたに対してマッサージなどを行えば二重まぶたになれるという医学的な根拠があるわけではありません。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・アイプチ!?整形!?すぐにわかってしまうのはなぜ?不自然にならないキレイな二重まぶたの幅
・知ってるようで知らない...?奥二重と二重まぶたの違い
・コレぞ、ネットで今超話題!"二重マッサージ"はホントに効果アリ!?
・どうして二重がいいの?二重まぶたの種類と外見の印象とは
・そもそも二重まぶたって何?まぶたの構造・形状