Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

スキンケア大学 Headshot

肌がきれいな人はやっている!●●の正しいケア知ってますか?

投稿日: 更新:
印刷

2016-05-19-1463625195-8261401-Fotolia_105412598_Subscription_XXL.jpg

キレイな肌に欠かせない条件として「潤っていること」が挙げられます。整ったキメ、ツヤ、ハリはすべて潤いの上に成り立っています。では、そんなキレイな肌の人の角質層はどうなっているのでしょう?

肌の美しさのカギを握る「角質層」

皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から成り、さらに表皮の内部は上から「角質層」「顆粒(かりゅう)層」「有棘(ゆうきょく)層」、「基底層」の4層で構成されています。

最も深部の基底層で作られた細胞が、有棘層から顆粒層へと上へ移動しながら変性、角質層に達して角質細胞となり、乾燥し剥がれ落ちていきます。この一連の流れをターンオーバー(肌の新陳代謝)と呼びます。

肌の美しさのカギを握るのはいちばん外側にある角質層です。角質層の厚さはたったの0.02mmしかなく、食品用ラップ一枚程度のきわめて薄いものですが、バリア機能と保湿機能という大切な役目を果たしています。

バリア機能は2つあり、1つは、ほこりや細菌、化学物質などの外部刺激が皮膚から入るのを防ぐ働き。もう1つは、体内の水分が対外に過剰に蒸散するのを防ぎ、身体が乾燥するのを防ぐ働きです。

角質層内は、角質細胞がレンガのように積み重なっていて、細胞と細胞のすき間を細胞間脂質が埋めています。角質細胞の中には天然保湿成分のNMF(天然保湿因子)があり、水分を角質層に供給する働きをしています。これが保湿機能です。

角質層がこのような十分なバリア機能と保湿機能を兼ね備えていることで、肌の美しさは保たれているのです。 肌のキレイな人の角質層には3つの条件が揃っている
  • 弱酸性を保っている
健康な肌の角質層と皮脂膜は弱酸性に保たれています。外部の細菌やカビは酸に弱いため、弱酸性の肌を保っていれば菌の繁殖を防ぐことができるのです。
  • 水分を保持するNMF(天然保湿因子)が十分存在する

NMFとはNatural Moisturizing Factor の略で、皮膚に元来備わっている保湿成分のこと。天然保湿因子とも言い、角質層内で水分を保持する働きがあり、NMFが不足すると角質層保湿機能が低下して乾燥肌になる原因になります。

  • 細胞間脂質が十分あり、すき間がない状態である

角質層の細胞と細胞のすき間をぴったりと埋め、潤いを守る働きをしているのが「細胞間脂質」です。主成分はセラミド、遊離脂肪酸、コレステロールなど。外界から刺激物質が侵入するのを防いだり、水分が過剰に蒸散しないようにガードしています。

上記3つの条件が揃うことで、肌はベストな状態を継続して保てるようになるのです。


整った角質層は正しい「ターンオーバー」から

肌のターンオーバーは通常約28~56日。この周期を正しく保つことが、美肌を育てるポイントです。

サイクルが短くなって、バリア役である表面の細胞が剥がれてしまうと、十分な防御力を持たない未熟な細胞が外界にさらされることになります。そうした細胞は当然刺激を防ぐことができないので、肌荒れや乾燥、バリア機能の低下が起こります。

過度の洗顔はターンオーバーのサイクルを短くしてしまうので注意が必要です。

一方、サイクルが長くなると、剥がれるべき角質が表面に留まることで角質が分厚くなり、肌は透明感を失い、くすんでいきます。

ターンオーバーが遅くなる原因は、冷えや老化の他、紫外線などの外部刺激などが原因の場合もあります。角質を柔らかくして適度に剥がれやすくするお手入れが必要です。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・美容のプロが教える!夏こそ"保湿"が必要な理由とは?
・専門家が解説!日焼け後には、美白化粧品がNGな理由
・香りが肌の負担になる?"香り"の実態をお教えします。
・【ドクター監修記事】保湿化粧品の正しい選び方
・肌、甘やかしていませんか?ドクター監修!"シンプルケア"のすすめ!