フリマアプリ市場が3000億円突破 メルカリに続き、あの家電量販店大手も参入

2017年08月04日 14時24分 JST | 更新 2017年08月24日 18時30分 JST
Bloomberg via Getty Images
An employee browses the Mercari Inc. website on an Apple Inc. iPhone in an arranged photograph taken at the company's office in Tokyo, Japan, on Friday, March 11, 2016. Mercari, a mobile e-commerce site that matches individual buyers and sellers, this month became the first Japanese startup worth at least $1 billion. Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg via Getty Images

フリマアプリが急成長

ネットフリマアプリの成長が続いています。経済産業省によると、2016年のフリマアプリの市場規模は3052億円。一方、ネットでの個人間取引を牽引してきたネットオークションは、2016年の市場が3458億円です。フリマアプリは、ネットオークションに迫るほどの市場へと成長しています。

(参照) 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備 - 経済産業省

http://www.meti.go.jp/press/2017/04/20170424001/20170424001-2.pdf

フリマアプリ市場を牽引する「メルカリ」

成長が続くフリマアプリ市場を牽引しているのが、株式会社メルカリが運営する「メルカリ」です。メルカリは2013年にサービスを開始し、2016年11月時点で3500万ダウンロードを突破しました。

メルカリの人気を支えているのが、取引の手軽さ。例えば、メルカリではヤマト運輸と提携して開始した「らくらくメルカリ便」という配送サービスで 、出品者が商品を手軽に送付できるようにしています。

また2017年5月には、本やCDなどに特化したメルカリの姉妹アプリ「メルカリ カウル」を開始しました。本やCD、DVDなどのバーコードを読み込むと、タイトルや著者、アーティスト名、発売日、定価などの基本情報が自動で入力。過去の取引傾向から売れやすい価格も提示され、「メルカリ カウル」で出品した商品は、メルカリでも同時出品されます。

さらに2017年夏からはトーハンと連携して「メルカリ カウル」で新刊本の取り扱い開始を予定しており、サービスは拡大を続けています。

ノジマもフリマアプリに参入

成長が続くフリマアプリには企業の新規参入が相次いでおり、家電量販店大手のノジマもサービスを開始すると発表しました。

ノジマが始めるフリマアプリはスマホや家電製品に特化したもので、ノジマ自身も出品を予定しています。サービスは出品する商品のバーコードや型番の入力で手軽に出品でき、ノジマ店頭で出荷などの手続き支援も実施。フリマアプリでの手数料収入とともに、来店につなげる狙いもあります。

近年活発になっている、インターネットを介してモノやノウハウを共有する「シェアリングエコノミー」。個人間でのモノのシェアが広がるなか、フリマアプリの成長は今後も続きそうですね。

★フリマアプリを提供している企業

株式会社メルカリ
株式会社ノジマ
楽天株式会社
株式会社スタートトゥデイ
株式会社カカクコム

【関連記事】

【関連リンク】

カイシャの評判ジャーナル | 話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

エン人事のミカタ

CAREER HACK | WEB・IT業界で働く人々の人生を少し豊かにするメディア

転職エージェントならエン エージェント|人材紹介・転職サイトのエン・ジャパン