NHKが「手話CG」による天気予報の配信をスタート。メディアにもバリアフリーを

2017年05月08日 00時00分 JST | 更新 2017年08月22日 20時14分 JST
H. Armstrong Roberts/ClassicStock via Getty Images
1970s WOMAN WEATHER GIRL METEOROLOGY METEOROLOGIST TELEVISION NEWS (Photo by H. Armstrong Roberts/ClassicStock/Getty Images)

CGの手話が天気予報を解説!


聴覚に障害がある人がニュースをより楽しめるように、手話によるニュース番組を放映してきたNHK。平日の昼・夜や災害発生時などに放映しています。2017年2月、NHKはさらなるサービス拡充のため、「手話CG」を用いた天気予報動画の配信を開始しました。

動画で天気予報を伝えるのは、コンピューターグラフィックス(CG)でつくられた女性による手話。この手話CGは手話通訳士の動きを特殊なカメラで撮影するなどして、なめらかな動きを再現しました。

動画は専用サイトで1日3回、関東7都県の気象情報を配信。動画を見た人から手話CGの表現のわかりやすさや自然さについて意見を募集しており、さらにわかりやすいものへと改善を行なっていきます。

NHKは将来的に、対象地域の拡大や、天気予報以外のニュース、バラエティなどに活用範囲を広げていくことも計画。今後もテクノロジーの力で、メディアの"バリアフリー"が進んでいくことが期待されます。

■テレビ局リスト

日本放送協会

日本テレビホールディングス株式会社

株式会社TBSテレビ

株式会社フジテレビジョン

株式会社テレビ東京

【関連記事】

【関連リンク】

カイシャの評判ジャーナル|話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

エン人事のミカタ|人事、採用、労務に役立つ情報が満載!

CAREER HACK|WEB・IT業界で働く人々の人生を少し豊かにするメディア

転職エージェント -エン エージェント