BLOG

セレッソ大阪入団決定、W杯MVPフォルラン入団会見全文(1)

2014年02月13日 01時53分 JST | 更新 2014年04月14日 18時12分 JST

12日、セレッソ大阪は長居スタジアムで、ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランの入団会見を行った。岡野雅夫社長とともに会見に臨んだフォルランは、日本語での挨拶などを交え、新天地での意気込みを語った。

for

フォルラン こんばんは。日本の皆様、はじめまして。ディエゴ・フォルランです。セレッソ大阪で頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします。日本政府、Jリーグの皆様、ここでプレーができる機会をいただき、感謝致します。以前から日本のファンでした。過去に3回、日本に来たことがあります。素晴らしいおもてなしを受けました。たくさんの希望と夢を持ってきました。去年、チームは4位まで行きました。今年、良い成績を残せるよう、全試合努力します。どうも、ありがとうございました。おおきに。(以上、全て日本語で)

 こうして、セレッソ大阪というクラブに来ることができて嬉しく思っています。改めて日本の皆さんが温かく受け入れてくださったことに、すごく喜びを感じましたし、今まで以上にこの強い気持ちで、戦い抜こうというやる気も、より一層強く感じたように思います。

──C大阪を選んだ理由は?

フォルラン 代理人の木村さんを通してオファーをいただいた時に、強い気持ち、熱い思いを感じましたので、それが大きな要因だったと思います。過去3回、日本来たことがありますが、いつも日本という国の素晴らしさ、文化であり、人を思いやるリスペクトを肌で感じたことも、動機の一つにあると思います。日本のサッカーは技術レベルが高く、スピードがあり、非常にいいサッカーをしていると思います。オファーをいただいたことは、私にとってチャレンジであると思い、決断しました。

──決め手となった具体的なエピソードは?

フォルラン クラブの方の熱い気持ち、情熱です。チームに若い選手が非常に多いと聞きましたが、私が加わることで、さらにそのクオリティを高めていきたいという気持ちをひしひしと感じました。先ほども言いましたが、日本という国でサッカーにおいても、生活においてもセレッソには良い環境がある、そういう選択をすることで自分の人生も幸せになると感じました。

──Jリーグ、C大阪の印象は?

フォルラン セレッソについては、常にいい選手を輩出してきたこと。それから、特にここ最近は優れた育成組織から若い選手がどんどん育っていって、海外に飛び立っていると聞き、いい印象を受けました。Jリーグはフィジカル、技術など全てレベルの高い、非常に良いリーグという印象がありました。

──気になる選手は?

フォルラン これまで、セレッソに関する情報は聞きました。代表にいる選手を含め、クオリティも高いと聞いていました。でも実際に試合を全て見たことはないですし、これからの練習で少しずつチームメートのことを覚えていきながら、ともに戦っていきたいと思います。

──若い選手が多いクラブから期待されていることは?

フォルラン 求められていることは、今まで他のチームでやってきたことと同じことを求められているのではないかと思っています。自分の持っているものを発揮し、得点を決めるということ、これがどのクラブでも求められてきたことで、このクラブでも求められていることだと思います。また、おっしゃったように若いチームということもあり、私の経験を練習、試合において、選手たちに伝えていきながら、アドバイスが必要であればしていきたい、そういう部分を求められているのではないかと思っています。

──抱負と注目ポイントを

フォルラン 常に心掛けてきましたが、ピッチに入った以上、ゴールすることを含めて、ベストを尽くす姿勢、チームのために献身的に戦っていく姿勢を見ていただきたいと思っています。

>>全文(2)フォルラン移籍に妻の後押し、日本の素晴らしさも語る<<

【関連記事】

第C大阪入団決定、W杯MVPフォルラン入団会見全文

フォルランがついに来日...C大阪のタオルを首に巻き、サポーターも歓迎

C大阪加入合意のフォルラン、サッカーファンの95%が「試合見に行く」

<投票>バレタインにチョコをあげたいサッカー日本代表選手は?

<投票>2014シーズン、J1で優勝するクラブは?

(2014年2月12日サッカーキングより転載)

ディエゴ・フォルラン 画像集