BLOG

両親への告知-『息子は自閉症。ママのイラスト日記』(8)

2015年04月23日 21時05分 JST | 更新 2015年06月22日 18時12分 JST

息子の発達障がいが分かってから、ひとつ悩んだことがありました。

「私の両親にどう伝えよう。」

孫が発達障がいだなんて知ったら、どう思うか。ビックリするかもしれない。ショックを受けるかもしれない。このことが受け入れられずに「障がい者扱いして!」と叱られるかな。こもたろを避けるようになったら、どうしよう。悲しいけれどでも、それはそれで仕方ないのかもしれない。

2015-04-23-1429759507-8873878-moro81.jpg

悪いことばかり、グルグルと考えてしまう。...いやいや、両親はそういうことをする人たちではない。信じよう。よし、なるべくサラっと言うようにしよう。あまり堅苦しくなく、世間話でもする感じで。

そういえばさ、こもたろなんだけどこの間病院に行って、自閉症って言われたよ。今、療育園に通いだしたところ。まぁ、これから大変だけど、頑張ってやってくつもりだから。

2015-04-23-1429759566-7033638-moro82.jpg

それを聞いた両親。「そうなんだ。まぁ大変だろうけど、何かできることがあったら言いなさいね。」

あれ。なんだか意外とあっさり...?

その話をした後も、こもたろへの対応は変わらず、可愛い可愛いと、いつもの優しいお爺ちゃんお婆ちゃん。帰省する度に、発達障がいの話をしたり、こもたろの特性の話をしたり。私が凹んだ時の話を聞いてくれたり。

そして私は気づきました。帰省の際、寝起きする部屋には何も物を置いていないこと。(ゴチャゴチャとした部屋だと視覚的な情報に溢れ、視覚優位なこもたろにはストレスになってしまいます。)居間のレイアウトをずーっと変えずにいてくれたこと。(自閉症のこもたろは、変化することを非常に怖がります。実家の両親はそれを調べて知っていて、こもたろが慣れる日まで数年間、いつもと変わらない部屋を維持していてくれました。)

あれからしばらく経ちました。昨年の夏に帰省したときです。

2015-04-23-1429759684-9056985-moro83.jpg

ふと、こもたろの話になりました。父が言いました。

「実はたろくんが2歳になる位のときかな?あの頃、まだひとことも喋らないし、泣き方も赤ちゃんから抜けないし、癇癪も強かったから、アレ?って思ってた。もしかしたら発達障がいかな?って。」

えっ!! まさかまさかの。私よりも先に気付いていた、というパターン。えーっ言ってよー。

「まぁ、お前も親だからね。周りから言われたら反発したくなるだろうし、たろくんを信じたい気持ちもあるだろうし。そこはいろいろと葛藤して、少しずつ気付いて、受容していくのかなーと思って、言わなかった」

もしずっと気付かなかったら、どうしてた?

「うーん。どうしてたかなー。」そう言って父は笑っていました。

私が親を信じたように、親も私を信じてくれていた。そのことがちょっと嬉しくて、そしてちょっとだけこそばゆくて。

2015-04-23-1429759820-2241832-moro84.jpg

なんともいえない気持ちになったのでした。

~続く。

【moroブログ 「moroの家族と、ハンドメイドと。」】

マンガ版もあります!「moroの家族と、ハンドメイドと。」 最新話はすくすくパラダイスぷらすへGO!

【関連記事】