BLOG

心を開いて話せる友人-『息子は自閉症。ママのイラスト日記』(6)

2015年02月23日 18時29分 JST | 更新 2015年04月24日 18時12分 JST

こもたろの発達障がいに気付いたときから、今思える、よかったこと。

それは心を開いて話せる友人ができたこと。療育園にいる、同じ障がいを抱えた子供をもつ親御さんたちです。

我が子こもたろは、療育園入園当時すさまじい子でした。こだわりは人一倍。すぐパニックを起こす。しかも激しく長い。言葉は全く話せません。活動中は走ってるか、回ってるか、ロッカーの中に入ってるか。みんなの邪魔になるのが本当に申し訳なくて、先生にも申し訳なくて。

そんなこもたろを見て、療育園に通うお母さんたちは笑って見守ってくれました。こもたろが私の肩に乗って立っているのを見て「たろくんのバランスすごいねー!」

こもたろがグルグル回ってるのを見て「うちの子もよく回ってるよ。回るの好きだよね。」

2015-02-23-moro61.jpg

こもたろを受け入れてくれている。

それまで何をするにも愛想笑いだった私。我が子があまりにも不思議な行動を取るものですから、周囲からいろんな目で見られました。そういうことに疲れてしまって、自分から壁を作っていたのですね。そんな私が、だんだんと心から笑えるように変わっていきました。

療育園のお母さんたちとは、この知育玩具が良かったとか、こういうサポートの仕方があるなど情報交換をしたり、お互いの子供の成長を心から喜んだり、時には「こんな辛かったことがあった」と、共に涙を流しながら語ったり。

療育園での私は、素になれます。

2015-02-23-moro62.jpg

心を開いて話せる友人がいるから。

障がい児を育てていると、孤独になりがちな気がします。だんだんと足が遠のいてしまう、支援センター。他の子と違う?と思うようになり、同月齢の子にどんどんと追い越されていく発達、差は広がるばかり。そして迷惑をかける我が子に耐えられなくなり...。

私もそうでした。

2015-02-23-moro63.jpg

子供とずっと一緒。一緒に見てくれる親などが近くにいればいいですが、うちは違いました。昼間はこもたろとのふたりきりの生活(上の子は幼稚園に行っていたので)。

療育園に通うようになり、そして友人たちとの出会い。きっと、みんなとの出会いがなければ、今の私ではなかったと思います。

もしかしたらと、今ひとりで悩んでいるお母さん。是非、何かアクションを起こしてください。何でも話せる友人、場所を見つけてください。どの親にも共通して言えるのは子供が可愛くて仕方ないってこと。これは障がいの有る無しに関係なく、どの親もそうですよね。

可愛い我が子のために、そしてあなたのために。

2015-02-23-moro64.jpg

あなたとお子さんの道が開けますように。

~続く。

【moroブログ 「moroの家族と、ハンドメイドと。」】

マンガ版もあります!「moroの家族と、ハンドメイドと。」 最新話はすくすくパラダイスぷらすへGO!