Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

すくすくパラダイスぷらす Headshot

赤ちゃんのころの不思議な落ち着きグッズ-『息子は自閉症。ママのイラスト日記』(25)

投稿日: 更新:
印刷

今回はこもたろの赤ちゃん時代の話でも。

こもたろは赤ちゃんの頃"これを持たせれば静かに遊んでいる"というグッズがありました。

それは急須。特に蓋が大好きで、急須の蓋を開け閉めしていれば、とにかく落ち着いていました。

2016-09-23-1474608741-4517475-moro251.jpg

この頃はまだ、こもたろが自閉症だということは、私たち親は知る由もありません。

この変わった興味を個性だと捉え、面白がり、そして愛くるしいと感じていました。

特に印象に残っていること。泣いたきっかけは忘れてしまいましたが、自宅で大泣きをしたことがありました。

2016-09-23-1474608768-1501767-moro252.jpg

それはあやしても何をしても効果がないほどの大泣きで、どうしようと途方に暮れ、ダメ元で急須を渡してみたのです。

すると、こもたろはスッと真顔になり、急須の蓋を開け閉めしだしました。

この切り替わりように私はビックリしてしまいました。

2016-09-23-1474608819-6410421-moro253.jpg

と、同時になんだかおかしくて、試しに急須を取り上げてみました。

するとまた大泣きをするのです。そして、再度、急須を渡すとまたスッと真顔になり、蓋の開け閉めをしだします。

この反応が面白くて、可愛くて。

赤ちゃんって、こんな反応もするのかと、その時の私はそれを何度も試してみたのを覚えています。

それを夫にも報告。

次に泣いたときに、また試してみようという話になりました。

赤ちゃんなので、泣く瞬間なんていつでもあります。

その時はすぐにやってきました。試してみると、やはり泣き止みました。

私「やっぱり急須が泣き止みグッズなんだ!」

夫「なんで急須なんだよー」

二人でケラケラ笑いました。

このことがあり、外出をするときはいつもバッグの中に急須を忍ばせていました。割れると危ないので、落としても安全な鉄製のもの。

蓋の適度な重さも、こもたろにはしっくりきたみたいで、鉄製の急須が一番のお気に入りでした。

予防接種の待ち時間に、急須を取り出し、それを与える私。

無言で、そして嬉しいとも楽しいとも感情を出さず、ただただ無表情、かつひたすらに蓋の開け閉めを繰り返している赤ん坊。

そして二人の間で流れる、穏やかな空気。

2016-09-23-1474608851-8017040-moro254.jpg

今思い出しても、不思議な光景だったと思います。

この繰り返す行動が、後にこもたろは自閉症だと気付かせてくれたのですが。

このときはまだ、わが子に障害があるなんて思ってもみなかった頃です。

~続く。

★コミックエッセイ「自閉症くんは1年生」絶賛発売中!!

3刷出来!!
コミックエッセイ「生まれたのは自閉症くん。」大量描き下ろしにコラムも収録で絶賛発売中!! 

【moroブログ 「moroの家族と、ハンドメイドと。」】

マンガ版もあります! 新章突入!!「自閉症くんの母、やってます」 最新話はすくすくパラダイスぷらすへGO