BLOG

中学の頃の思い出-『息子は自閉症。ママのイラスト日記』(36)

発達障害のクラスメイトを、知らずに勝手に怖い人間だと思いこんでいた。

2017年10月21日 09時32分 JST | 更新 2017年10月21日 10時31分 JST

今回は私が子どもの頃の話をしようと思います。

今より25年以上前、私が中学2年生だった頃のことです。

すくパラNEWS

当時はまだ発達障害について、世間の認識というものはほぼなかったと思います。学校でも、そういう子たちのことを教わることはありませんでした。

私と同じ学年に他の子とは少し違う雰囲気を持つ子がいました。唸り声をあげながら手をすり合わせている子、常に誰かと話しているようなひとり言を言っている子など。

その頃は支援体制というものはなく、彼らは普通学級に通っていました。

ある日の休み時間、隣のクラスのひとり言を言う男子が、何人かの男子にからかわれていました。

すくパラNEWS

彼は「やめてください、やめてください」と繰り返し、同じクラスの女子が「やめなさいよ」と注意していましたが、男子たちはからかうのをやめませんでした。

私はそれをただただ傍観していました。

私は発達障害のことをよく知らないが故に、彼らのことを普段、心の奥で怖いと思ってしまっていました。だから関わらないようにしていました。

その場は先生が駆けつけたことで、とりあえず落ち着きましたが、それから数日の間、私は自分の行動にもやもやした気持ちでいました。

そして3年生になり、私はあのひとり言の彼と同じクラスになりました。

彼はタカトシ(仮名)という名で、クラスみんなが「タカ、タカ」と、あだ名で呼んでいました。同じ空間にいるようになって知ったのですが、タカはひとり言ばかり言ってはいますが、話しかければ返事をしてくれるし、鉄道が好きだったタカに路線の話をすると話が盛り上がり、とても嬉しそうにしていました。

タカのことを何も知らなかった。知らずに勝手に怖い人間だと思いこんでいた。私は過去の自分を恥じました。

すくパラNEWS

タカとは席が近かったこともあり、気軽に話せる間柄になりました。

それから何年もが過ぎて大人になり、就職して、結婚して、子どもが2人生まれ、その子どもの一人が発達障害で、日々奮闘する毎日。

こもたろを見ていると、ときおり中学の頃の彼らを思い出します。

すくパラNEWS

そして今、彼らが元気に楽しく過ごしていることを願っています。

★コミックエッセイ「自閉症くんは1年生」絶賛発売中!!

3刷出来!!

コミックエッセイ「生まれたのは自閉症くん。」大量描き下ろしにコラムも収録で絶賛発売中!!

★moroブログ 「moroの家族と、ハンドメイドと。

マンガ版もあります!「自閉症くんの母、やってます」 最新話はすくすくパラダイスぷらすへGO!

■提供:すくパラ倶楽部NEWS