BLOG

世界一周女子が厳選!空港泊に持っていくべき快眠グッズ9選

2016年02月24日 00時36分 JST | 更新 2017年02月22日 19時12分 JST

みなさんは空港泊ってしたことありますか?その言い方の通り、空港に素泊まりすることです。

金銭面的に厳しいことの多いバックパッカーは、長時間のトランジット(乗り換え)などで空港に泊まることもしばしば。

また、最近はLCCを利用する人も増え、交通機関の動いていない早朝や深夜に発着する便に乗ることも多いので、自然と空港で一晩過ごさなければならないこともあります。

そんなちょっと野宿チックな空港泊でも快適に過ごすために持っていたほうが良い物を、女性バックパッカーの視点で9個ご紹介します!

ストール

2016-02-21-1456066501-7321249-pixta_7209942_M.jpg

Photo by pixta

大判のストールは万能でとても便利です。意外と深夜は寒いことも多い空港で、くるまったり、掛布団のようにかけたり、枕代わりに折りたたんだり。

ちょっとかさばりますが、手荷物に入れておくことをおすすめします!

防寒グッズ

2016-02-21-1456066612-1763449-pixta_18127879_M.jpg

Photo by pixta

私の経験上、寒くなかった空港泊は一度もありません!

赤道直下の真夏のエクアドルでさえ、空港泊はなかなかの寒さでした。雪の積もる2月のニューヨークでのトランジットの空港泊は極寒でした。

特に冷えやすい女性は、荷物は増えても防寒グッズは持っておきましょう。ウルトラライトダウンやヒートテック、重ね履き用の靴下などあると便利です。

自転車のチェーン

2016-02-21-1456066655-7038684-pixta_14041188_M.jpg

Photo by pixta

100円均一でも売っている、自転車用の暗証番号付きのチェーンも必須アイテムです。

特に一人旅で困るのが荷物を置いてトイレに行く時ですよね。個室が狭くてバックパックごと入れない...

そんなときは自転車のチェーンを見えるようにバックパックと椅子の足などにくくりつけましょう。そのとき裏返して背中の部分を上にしておくと、安全性も高まると思います。

また、横になってベンチで仮眠している時も、荷物をくくりつけているほうが安心感があります。

アイマスク

2016-02-21-1456066682-7550233-s_pixta_2377361_M.jpg

Photo by pixta

24時間明るい空港で寝るなら、アイマスクがあるとよく眠れます。

またアナウンスが四六時中流れているので耳栓も役立ちますが、あからさまに防音して爆睡しているとスリの標的になりやすいので注意が必要です。

洗面用品

2016-02-21-1456066710-5193501-s_pixta_16691327_M.jpg

Photo by pixta

ほぼ預け荷物に入れがちな洗面用品ですが、空港泊するのであれば手荷物にも入れておきましょう。メイクを落としたり、歯を磨けるとかなりすっきりします。

また、ラウンジのパスなどがなくても入れる有料のシャワーなどもあり、日本に帰国する前に綺麗にすることができるので、手荷物に入れておくととても便利です。

ただ注意が必要なのは、手荷物で液体を機内に持ち込める量は決まっているので、小さい容器などに入れ替えたものを用意しておくようにしましょう。

保湿グッズ

2016-02-21-1456066750-5733466-pixta_11681091_M.jpg

Photo by pixta

機内もそうですが、空港もかなり乾燥しています!

なので、ニベアのような保湿クリームやリップクリーム、目薬やのど飴があると重宝します。

女性らしくない服

2016-02-21-1456066798-9532022-pixta_17829546_M.jpg

Photo by pixta

安全な空港といえども、プライバシーもない誰でも出入りできる野宿に近い状態で夜を過ごすので、100%安全とは言えませんね。

なので、女性ならロングスカートなどよりタイパンツのようなダボっとしたパンツ、Tシャツなどよりパーカーやスエットのようなトップスを着ていたほうが安心な上、休みやすいです。

延長コード

2016-02-21-1456066970-4492017-pixta_4957967_M.jpg

Photo by pixta

今はWIFIの飛んでいる空港も多くあります。

そこで時間があるからブログを書こう!パソコンで調べものをしよう!と思うと、コンセントが遠い角にしか無いこと多々があります。また、コンセントの近くには椅子がないことも。

そんなときに延長コードがあると、複数の電源が使えるし、自分の座ってる椅子までコードを持ってこれます(笑)

私も2日連続で空港泊だったときに、パソコンとカメラのバッテリーの為に延長コードを使って充電させてもらいました!

暇つぶしの物

2016-02-21-1456067006-1099430-pixta_17177542_M.jpg

Photo by pixta

広い空港ならたくさんある免税店を見て回ったり、展望デッキに出て飛行機を眺めたり、暇をつぶせるスポットはありますが、それも見終わってしまうと時間を持て余してしまいます。

空港泊をすると分かっていれば、まだ読み始めていない厚めの本を持って行ったり、日記を数日分ためておいたり、調べものをためておいたり、意外と寝なくてもやる事があると時間が経つのでおすすめです!

実は節約にもってこいな空港泊!

女性だと敬遠しがちな空港泊ですが、意外と安心して一泊過ごすことができるんです。

そして驚くのが空港泊をしている人の多さ!バックパッカーだけでなく、カップルや年配のご夫婦、家族などもいて、アジア人も欧米人も多いので心強さがあります。

私もLCCに乗るためや、深夜着で早朝発のフライトのトランジットで色々な国で10回以上空港泊をしていますが、1度も危険な経験や怖い思いをしたことはありません!

また、sleeping airportという、空港泊用のサイトまであり、どこの空港が寝やすいとか、どこの空港が24時間空いてるお店があるとか、口コミベースで載っているので見てみると面白いですよ!

長期旅で特に節約したい宿泊代が浮くので、ぜひ空港泊を上手く自分の旅に取り入れてみてください。

関連記事はこちら

✳︎【旅せよ乙女】世界一周を経験した女子が考える「旅に必要なモノ」

✳︎ここで決まり!女子旅にオススメの国内旅行先ベスト10

✳︎旅行好きな女性へ「今日も長距離移動...」そんな時に知っておきたい乾燥対策