Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

TABIPPO.NET Headshot

カメラ一つでOK!僕が旅しながらお金を稼いだ方法

投稿日: 更新:
印刷

世界一周などの長期旅行をするうえで、お金が大きな壁になることが多々あります。僕も旅の間、自ら作ったアクセサリーを売ったり、路上ライブをしたりしながら旅の資金を稼いでいる人たちにたくさん出会いました。

アクセサリーの作り方も知らないし、楽器も弾けない僕が目に付けたのがストックフォト。

あまり聞きなれないかもしれませんが、カメラさえあれば特別な技能がなくても旅先でお金を稼ぐことができるかもしれませんよ!今回はそんなストックフォトについてご紹介したいと思います。

ストックフォトって何?


2016-09-08-1473321252-2913247-photo256887_1920.jpg
photo by pixabay

ストックフォトとは、色々なシチュエーションに対してあらかじめ用意された写真素材のことです。

ものすごく簡単に説明すると、自分が撮った写真をストックフォトサイトに登録しておきます。その写真を見て、使いたいと思った人や企業は写真の使用料を支払うことで、写真を使用することができるようになります。

そして、その使用料が自分に入ってくるという流れが一般的です。

実際に稼ぐことはできるのか?


2016-09-08-1473319898-35985-9b04dd517582c8eb35782b1d9c55917b_m.jpg
photo by photo-ac

きっとすごい写真しか売れないんだろうな、なんて考えてしまいますよね。けど、意外と売れてしまうものです。僕自身は世界一周の旅の間に撮った風景写真を売って月に5,000円から20,000円くらい稼ぐことができました。

少ないですが、旅しているとこれだけでもありがたい収入になります。

自分の写真を購入したのが誰かはわからないのですが、不意にネット記事などで使われているのを見つけるととても嬉しくなります。

僕がイースター島で撮った写真も、知らない間にLINE NEWSで使われていたことを友達からのメールで知り、びっくりしたこともありました。

写真が売れるまでの流れ


2016-09-08-1473321315-3232648-pixta_19601304_M.jpg
photo by pixta

ストックフォトで写真を売るには、まずは写真をそれぞれの会社のサイトに登録しなくてはいけません。また、写真を登録する際には審査がある場合もあります。

写真を無事に登録できたらあとは待つだけです。もし写真が売れたら、その都度どの写真がどのサイズで売れたかメールがきます。

支払い方法は各社によって違いますが、1か月間で売れた分がまとめて指定の口座に振り込まれたり、何枚か売れたらこちらから申請して振り込まれたりします。

写真をたくさん売るコツ


2016-09-08-1473321409-2061091-pixta_24312509_M.jpg
photo by pixta

ストックフォトで写真をたくさん売るにはコツがあります。

ストックフォトで買われた写真はホームページやガイドブックなどに使われることが多いので、ピントがきっちり合っていて水平が取れている基本に忠実な写真が求められることが多いようです。

そして意外と大切なのが、写真を登録する時につけるタグをできるだけ細かく設定することです。このタグが曖昧だと検索に引っかからず、せっかくの写真がお客さんの目に止まりにくくなってしまいます。

また、複数の会社に写真を登録することも重要です。僕も同じ写真を4社くらい同時に登録していました。

どんなストックフォトサイトがいいの?


2016-09-08-1473321503-2253347-pixta_23824002_M.jpg
photo by pixta

もし風景写真を撮ることが多いのであれば、風景を多く取り扱っているサイトに登録するなどして、自分の写真が売りやすいサイトを選んだ方が効率的に稼ぐことができます。

最初は多くの人が見る大きなサイトや、世界中の人から購入されるチャンスがある海外のサイトから登録してみてもいいかもしれません。

まとめ


コンデジで撮影した写真でも登録は可能ですし、難しい作業はありません。すごい人だと月に何十万円も稼ぐ人もいるほど。

僕はそこまでは無理でしたが、写真が売れた日にはビールを飲んだり、いつもよりちょっとだけ豪華な夕食にしたりしながら楽しんでいました。

カメラとパソコンさえあれば誰でもできてしまうストックフォトに挑戦して旅しながらお小遣いを貯めてみてはいかがでしょうか?

ライター:上田優紀

関連記事


✳︎まだ見ぬフィンランド:人に優しくなれる国。西海岸で過ごした、癒しの6日間
✳︎プロカメラマンがおすすめするフォトブック5選
✳︎見えない時間の経過は、映像で残す。一眼レフでタイムラプス動画を作る方法