Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

TABIPPO.NET Headshot

世界一周した僕が考える「どの国が良かった?」と聞かれた時のベストアンサー

投稿日: 更新:
印刷

「いろんな国に行ったことあるよ」なんていうと……たいていの人に「えー?じゃあ、どの国がよかったー?」と聞かれます。マジです。ガチです。確実です! うれしい!

確実にたくさんの人から話しかけられる、それだけで十分な旅の理由になりますよね。旅は出会いのきっかけを作る最高のアイテムなのです。

しかし……この「どの国がよかった?」という質問にテキトーに答えてしまうと……急転直下! えらいこっちゃ。人気ものどころか二度と話してくれなくなる可能性すらあります!

というわけで今回は「どの国がよかった?」という質問に対する、模範的な解答をお教えします。

最重要ポイント「相手にとって良い国」を紹介すること


2016-06-13-1465819972-1524853-shutterstock_324558662.jpg
photo by shutterstock

「どの国がよかった?」という質問を受けたときに、言葉通りに質問を受け取ってしまうのは、結構危険。

私はこの質問をそのまんま受け取り、相手の事情を考えずに自分にとって良かった国をひたすらスピーチしてしまいました。

すると、私だけがしゃべって相手が沈黙するという最悪な状況に……。こうなったらお話しどころではありませんよね。

そうならないために重要なのは「どの国がよかった?」という質問に含まれた、「わたしにオススメの国あるかな?」という微妙なニュアンスを理解することでしょう。

ただ、初対面では相手の興味があるポイントまではわかりにくいもの。

質問されたら「どこの国もよかったけど……海外旅行するならどんなことがしたい?」のように、逆にこちらから聞いてみましょう。あらかじめ相手の興味があるポイントを教えてもらってから質問に答えれば、きっと多くの方にとって有益な情報を伝えられるはずです。

おいしいものが食べたい人なら→「スペイン」とかいいんじゃないかな?


2016-06-13-1465820015-205815-pixta_16842201_S.jpg
photo by pixta

人が旅に出る理由は数あれど、やっぱり「おいしいものが食べたいから!」という理由で旅に出る方はとても多いでしょう。

世界にはおいしいものがたくさんありますが、特に女性と酒飲みにおすすめするにはスペインの料理はとても優秀です!

紹介するときに抑えるべきポイントは、以下の通り。

スペインおすすめポイント


2016-06-13-1465820140-6710461-pixta_20980931_S.jpg
photo by pixta

・バル文化が発達しているため食べ歩きがしやすい。
・一口おつまみの「ピンチョス」や「タパス」はお店ごとに個性があって面白い。
・アフリカとヨーロッパ、どちらもの影響を受けているため、料理が多種多様。
・西ヨーロッパの中では比較的物価が安い。たくさん飲み食いしてもお財布にやさしい。

お買い物たくさんしたい→予算にもよるけど...「東ヨーロッパ」はいいと思うよ


2016-06-13-1465820178-6785928-pixta_18362872_S.jpg
photo by pixta

「せっかく海外に出たのだから、日本ではなかなか手に入らないものを買いたい!」と思うショッピング大好きな方はとても多いでしょう。

しかし、相手が本当にほしいものを想像するのはとても難しいと思います。そのため、ひとつの国にしぼらずにだいたいの地域をおすすめしたほうが無難です。

そう考えると、オススメしたい地域が「東ヨーロッパ」なのです。

東ヨーロッパのおすすめポイント


2016-06-13-1465820211-564985-shutterstock_276911168.jpg
photo by shutterstock

・物価が安いからたくさんいろんなものが買える。物価が日本の半額以下の国もある。
・街並みがとってもきれいだから、ウィンドウショッピングをしているだけでも楽しい。
・小さい国が集まっているから、いろんな国に行って名物を買い漁ることができる。
・西ヨーロッパの最新のアイテムから伝統的なアイテムまで、幅広く手に入る。

日常から離れたい→それなら「トルコ」かな!


2016-06-13-1465820258-1688502-shutterstock_161010650.jpg
photo by shutterstock

仕事やプライベートなどで疲れていると「日常から離れたい」なんて誰でも思うもの。そんなときにオススメしたいのがトルコです。

日本でも名前はメジャーな国ですが、実際に旅行したことがあるという人は結構少なかったりします。

イスラム圏ということもあり最近はちょっと危険な感じもすると思いますので、より安心して楽しめる雰囲気を伝えるとよいでしょう。

トルコのオススメポイント


2016-06-13-1465820361-200984-pixta_17896850_S.jpg
photo by pixta

・カッパドキアやパムッカレなどの自然遺産も、ハギアソフィア大聖堂やブルーモスクなどの人工遺産も、どっちも楽しめる。
・トルコ人は親日的な人が多いから、異文化圏なのに比較的旅がしやすい。日本語が喋れるひとがいることも。
・イスタンブールのマーケットはすごい異国感のある雰囲気!ただうろうろするだけでも、日常から大きく離れられる。

※女性限定!トルコ人男性は日本人の女の子大好き!めちゃくちゃモテる!

近場で面白いとこ→「タイ」かな。近いけどかなり異国感があるしね


2016-06-13-1465820452-351909-shutterstock_2993882871.jpg
photo by shutterstock

「海外には行きたいけども、あんまり遠くはいやだなぁ」という方にオススメするとなると、やはりアジアの国を推したいところです。

しかし、あんまり日本と文化や地理が近すぎても「せっかく海外に出るのにな」ってことになりかねません。そこで、近場だけど異国感あふれる国、タイをオススメしてみてはいかがでしょうか?

タイのオススメポイント


2016-06-13-1465820509-2187959-shutterstock_232222141.jpg
photo by shutterstock

・フライトはだいたい6時間。早朝発の便でも昼からフルで遊べる。
・日本人コミュニティもたくさんあるから、困ったときは日本人に助けを求めやすい。
・そんなに広い国じゃないから、大都会バンコクからど田舎までいろんな地域へ行きやすい。
・ごはんがとってもおいしい。もし口に合わなかったとしても日本料理店も多いから安心!

まとめ


もしあなたが「どこの国がよかった?」って聞かれたら、

①相手の気持ちを考えて

②丁寧に優しく

③オススメポイントを絞って

質問に答えるときっと話がかなり盛り上がるはずです。少なくとも「俺が俺が」って感じになってしまうとなかなか距離を縮められないと思いますので、相手への気遣いだけは絶対にお忘れなく。

きっとあなたの旅の知識や経験を必要とする人はとっても多いはず。しっかり伝えて、新たな旅仲間を作りましょう!

ライター:佐々木拓真

関連記事はこちら

✳︎これから社会人になる君がインドに行くべき5つの理由
✳︎「テーマ」のない世界一周をするメリット・デメリット
✳︎モロッコの治安は?ビザは?出発前に知っておきたい10のこと