BLOG

夜の美術館に潜入!月に一度ホノルル美術館で開催「アート アフター ダーク」

2014年05月09日 23時34分 JST | 更新 2014年07月08日 18時12分 JST

夜の美術館に潜入!月に一度ホノルル美術館で開催「アート・アフター・ダーク」

©Honolulu museum

ホノルルといえば海、山、青空と美しい光景を思い浮かべますよね。自然の美しさだけではなく、実は貴重なアート作品に触れられる場所も!世界的に有名なピカソ、ゴッホ、モネ、セザンヌ、ゴーギャンなど作品をはじめとした西洋と東洋の美術品5万点以上を収蔵する州立美術館「ホノルル美術館」。ワイキキの喧騒から離れて優雅な時間を楽しめるスポットです。通常の営業時間に行くのも良いですが、毎月の最終金曜日に開催されているイベント「Art After Dark(アート・アフター・ダーク)」に注目です!

夜の美術館に潜入!月に一度ホノルル美術館で開催「アート・アフター・ダーク」

©Flicker/sdca2hnlhi

なんと夜の美術館の野外スペースがパーティ会場となり、様々なエンターテイメントが催されます。しかも、展示室で作品を鑑賞することも出来るのです。毎月違ったテーマに沿ってアートと親しめる月に一度のHappy Fridayです!

夜の美術館に潜入!月に一度ホノルル美術館で開催「アート・アフター・ダーク」

©Flicker/ScottMarla

18時~21時の間に開催。金曜日を祝うために、たくさんの地元の方が訪れます。フレンドリーなムードなので、ツーリストも多く訪れます。

夜の美術館に潜入!月に一度ホノルル美術館で開催「アート・アフター・ダーク」

©Flicker/sdca2hnlhi

ホノルル美術館の入り口。建物は、州の歴史的重要建造物に指定されています。荘厳な美術館がこの日だけはクールな空間に変身します。

夜の美術館に潜入!月に一度ホノルル美術館で開催「アート・アフター・ダーク」

©CHRISTIAN VETTER(HONOLULU MAGAZINE

おしゃれなローカルが夜の美術館に集まることでも知られている同イベント。会場内は、とっても楽しい雰囲気に包まれています。中にはDJブースやバンド、フードスタンドなどが設けられて、アルコールドリンクを飲むことも出来ます。

夜の美術館に潜入!月に一度ホノルル美術館で開催「アート・アフター・ダーク」

©ERIC WEHNER(HONOLULU MAGAZINE

ホノルル美術館の中庭。閑静な空間でのんびりとアート鑑賞が出来ると評判です。昼間の顔と夜の顔、両方見比べてみるのも面白そうです。

夜の美術館に潜入!月に一度ホノルル美術館で開催「アート・アフター・ダーク」

©ハワイ旅行ナビ

夜の美術館に潜入!月に一度ホノルル美術館で開催「アート・アフター・ダーク」

©ハワイ旅行ナビ

夜の美術館に潜入!月に一度ホノルル美術館で開催「アート・アフター・ダーク」

©ハワイ旅行ナビ

今月は、5月30日(金)に開催予定。テーマは「Rakugaki(落書き」ということなので、フェイスペイントをして出掛けてみるのも楽しそうですね。過去には占い(魔術)、歌舞伎、サーフィンなど趣向を凝らしたテーマが開催されています。

日が沈んだ後、美術館に出かけてアート鑑賞。音楽に耳を傾けながら、ドリンクを片手に大人の時間を満喫するのもいいですね。一味違ったハワイの楽しみ方です!

■ホノルル美術館(ホノルル・アカデミー・アーツ)

住所:900 S Beretania St, Honolulu, HI 96814

TEL:(808) 532-8700

営業時間:火-土 10:00-16:30 日 13:00-17:00

アートアフターダーク(毎月最終金曜日)16:00~21:00

入館料:10ドル

Web:http://www.honoluluacademy.org/ (英語)

松元 春菜

TABIZINEについて

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【TABIZINE人気記事】

【都内で発掘】デートにも!麻布でリーズナブルに楽しめる絶品サムギョプサル

【外国から見た日本】外国人が来日時に見てる「日本ガイド」が面白い!

【現地レポート】一生に一度は見たい!数万個のランタンを空に飛ばす祭り

ブラックジョークが冴えわたる横浜の珍スポット「ヨコハマおもしろ水族館」