BLOG

【世界遺産】まるで小さなパリ!「月の港ボルドー」現地ルポ

2015年07月19日 01時26分 JST | 更新 2016年07月16日 18時12分 JST

北大西洋へとつながる、ビスケー湾に面したフランス南西部の華やかな港町「ボルドー」。新旧融合した街並がとても美しい街で、昼と夜では表情が変わるのも魅力です。

まるで小さなパリ! ボルドー市内の魅力をレポート

フランス国内では、パリに次いで歴史的な建物が多いことでも有名です。このため「月の港ボルドー」として、ユネスコの世界遺産に登録されています。古くからワイン貿易を通して富を得たリッチな街で、18世紀にはすでに「プチ・パリ」と呼ばれていたそうですよ。

ボルドーの見所

「プチ・パリ」との異名をとるだけあり、ボルドーは歴史遺産を始めとする見所がたくさんあります。市内から車を走らせて、緑溢れるワイナリー見学をするのも素敵ですが、市内観光だけでも2日間以上楽しめるはず。市内を走るトラム、天気の良い日にはシティバイクを利用すれば、移動もラクラクです!

まるで小さなパリ! ボルドー市内の魅力をレポート

ガロンヌ川沿いのブルス広場にある「水鏡(Miroir d'eau)」は、広場前に張った水と建物のコントラストが美しいボルドーきっての名所として知られています。

まるで小さなパリ! ボルドー市内の魅力をレポート

川沿いには多くの橋がありますが、19世紀に架けられたボルドーで一番古い石造りの「ピエール橋(Pont de Pierre)」からの眺めは最高!

まるで小さなパリ! ボルドー市内の魅力をレポート

カジュアル派もブランド派も満足のショッピング

ボルドーを訪れたなら、ショッピングも楽しみのひとつ。コスメからファッションまでが揃うデパート「ギャラリー・ラファイエット」を始め、ファッションや雑貨ショップ、ワインやパテの専門店、カフェにレストランが軒を連ねる、市内の目抜き通り「サン・カトリーヌ通り(Rue Sainte-Catherine)」、ガロンヌ川沿いのお台場を思わせるアウトレットモール「Quai Des Marques」など、老若男女問わず楽しめるショッピングスポットがずらり。

まるで小さなパリ! ボルドー市内の魅力をレポート

サン・カトリーヌ通り (C) sweetsholic

アウトレットモールを訪れたなら、ガロンヌ川を臨むレストランでの食事を楽しみましょう。

まるで小さなパリ! ボルドー市内の魅力をレポート

アウトレットモール「Quai Des Marques」 (C) sweetsholic

絵画から歴史にワインまで、博物館めぐりが楽しい!

18世紀の重厚な雰囲気が感じられる街自体も芸術的ですが、市内に点在する美術館や博物館でアートに身を委ねるのもよさそう。

まるで小さなパリ! ボルドー市内の魅力をレポート

(C) sweetsholic

フランスを代表するヨーロッパ絵画の巨匠ドラクロワ、マティスなどの名画から、15世紀〜近代の絵画や彫刻を展示する「ボルドー美術館(Musée des Beaux-Arts de Bordeaux)」、古代から20世紀までのボルドーの栄華ある歴史が学べる「アキテーヌ博物館(Musée d'Aquitaine)」、そしてワイン好きにはたまらないテイスティング付きのワイン博物館「Le Musée du Vin et du Négoce」などは、その一例です。

まるで小さなパリ! ボルドー市内の魅力をレポート

アキテーヌ博物館の館内 (C) sweetsholic

まるで小さなパリ! ボルドー市内の魅力をレポート

ワイン博物館の館内 (C) sweetsholic

まるで小さなパリ! ボルドー市内の魅力をレポート

ワイン博物館の館内 (C) sweetsholic

ボルドーに限らず、フランスは市営(国営)の博物館は、一部を除き毎月第1日曜日が入館料無料。多くの博物館をめぐりたいときには、第1日曜が狙い目ですよ。

シーフードに肉料理、食のバリエも豊富

海に面したボルドーは新鮮な魚介類に、南西部名物の鴨肉やフォアグラなど、食のバリエーションが豊富です。ミシュランのような高級レストランだけでなく、カジュアルなレストランでもこれらの料理がお手頃価格(昼の時間帯なら、前菜とメイン料理で15ユーロ前後)で楽しめます。

まるで小さなパリ! ボルドー市内の魅力をレポート

(C) sweetsholic

ワインがお好きな方は、ワインバーで味わいの異なるボルドーワインを味わうのもおすすめです。カーブ(ワインショップ)やスーパーでボルドーワインを買って、市内の公園でピクニックするのもいいですね!

まるで小さなパリ! ボルドー市内の魅力をレポート

スイーツもパリのように洗練されたものが目立ちますが、地元の銘菓といえば「カヌレ」。

まるで小さなパリ! ボルドー市内の魅力をレポート

キャラメルのような味わいの外側と、しっとりしたカスタード味の内側のコントラストは素朴ながら美味。ボルドーのパン屋さんならどこでも買うことができます。

グルメにファッション、美食に歴史散策まで、「フランスに来た!」という感覚が味わえるボルドー。何度訪れても魅力的な街です。

[jp.rendezvousenfrance.com]

[bordeaux-tourism.co.uk]

[whc.unesco.org]

[Photo by Shutterstock.com]

TABIZINEについて
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【TABIZINE人気記事】

【鬼怒川】あさやホテルの「空中庭園露天風呂」でゆったり至福のひととき

まるで夢の国!「大人女子」をうならせるリゾートホテルの過ごし方

まるで日本のヴェネツィア!情緒溢れる水の都「伊根の舟屋」

【HUGLOG】【福岡】あのタモリさんもお取り寄せしてる!?地元で有名な絶品うな重

タコベルだけじゃない!LA発の注目レストラン&ショップ8選