BLOG

【日本未発売】え?「緑のコーラ」!?どこが違うの?

2015年01月16日 15時21分 JST | 更新 2015年03月16日 18時12分 JST

ファーストフードの友としてお馴染の炭酸飲料。なかでもコーラは、人気の高い炭酸飲料のひとつではないでしょうか?

すごいインパクト!今年は「緑のコーラ」に注目が集まりそう

(C)Flickr / Mike Mozart

そんなコーラにちょっとした異変が起こっています。コカ・コーラ社とペプシコ社が、昨年の夏から秋口にかけて緑色のラベルをしたコーラをリリースしました。お茶の缶やペットボトルを思わせる色合いが、なんとなくナチュラルな印象です。

イメージが覆されそうなコーラ界のニューウェーブに、世界でも注目が集まっています。

コカコーラ・ライフ vs ペプシ・トゥルー

世界的な炭酸飲料離れに加え、アメリカやイギリスなどでは肥満対策が重要な課題となっています。こういった背景を受けて、コーラ市場を牽引する2大カンパニーが打ち出したのが「緑のコーラ」です。どちらとも、カロリーを通常のコーラの2/3程度に抑えて、天然の甘味料「ステビア」と砂糖を用いて甘さをプラス。

すごいインパクト!今年は「緑のコーラ」に注目が集まりそう

(C)Flickr/Mike Mozart

カロリーがほぼ0に近いダイエットコーラとは、どこがちがうのか? ということも気になりますよね。ダイエットコーラには人口甘味料を用いているのに対し、緑のコーラはあくまでもナチュラルな甘味料を使っているところが異なります。コカコーラ・ライフの試飲をしてみたところ、通常の赤いラベルのコーラとほぼ変わらない味わいでした。

米ニュースサイト「ウォール・ストリート・ジャーナル」は、「人工甘味料は体重増加につながることが研究で分かっている」とレポートしています。こういった事実を受けてリリースされたのが、ナチュラルを謳ったコーラというわけ。

両社の広告や動画サイトからも、ナチュラルを意識した感じが伝わってきますね。

https://www.youtube.com/watch?v=tZaMOt8gQl4

https://www.youtube.com/watch?v=Qdwlv4hzbDY

ナチュラル=ヘルシー?

ここで気をつけたいのが、ナチュラルな素材を用いていてもヘルシーだとは限らないということです。コカコーラ・ライフは1缶89キロカロリー(330ml)ですが、それでも砂糖はティースプーン4杯以上。ペプシ・トゥルーについても、ほぼ同じことが言えます。

現在は南米にアメリカ、ヨーロッパで発売中の緑コーラ、国内でもリリースされるのかどうか? 少し気になるところです。

TABIZINEについて

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【TABIZINE人気記事】

【トキメキたいあなたへ】恋心が高まる、大人のNY恋愛名画3選

【関東近郊】100年に一度の「苺年」!魅惑のイチゴ狩りバスツアー5選

心を真っ新にしてくれる、雪のような純白の砂丘「ホワイトサンズ」

【HUGLOG】【世界遺産】埋もれた宝石と呼ばれる街「リヴィヴ」

【著名人も通う!】LAで美味しいカルビを食べるならここ!おススメ店10選