BLOG

神秘の洞窟!数千万年のときを超えた、地下に眠る星空

2014年10月08日 16時45分 JST | 更新 2014年12月07日 19時12分 JST

2014-10-07-183001.jpg

満天の星空のように輝く、美しすぎるブルーの光。この完璧な美しさは、なにか人工物にも思えてしまいますが、じつは自然の光景。

ここは、ニュージーランドの北島にある「ワイトモケーブ(waitomo glowworm caves)」という、地下洞窟の中。そして、天井に星のように輝いているのは、ライトではありません。・・・じつはこれ、「幼虫」なのです!

通称「土ボタル」といわれるハエの幼虫の一種で、土ボタルが青白く光るのは、洞窟内の獲物をおびきよせるためだそう。

でも、世の儚さというべきか、土ボタルの寿命はたった数日間。孵化(ふか)してから青白く光る幼虫に、そして数日間で成虫になるそうなのですが、成虫には口がなく、産卵をしたら死んでしまうとか。

そんな、切なくて美しい土ボタルの輝きをご覧ください。

2014-10-07-183002.jpg

天の川のような、宇宙のような、地下とは思えない輝き。

2014-10-07-183003.jpg

天井から垂れ下がってみえるのは、土ボタルが獲物をとるために出す透明な粘着性の糸だそう。それさえも幻想的。

2014-10-07-183004.jpg

しかし、この洞窟がすごいのは「土ボタル」だけではありません。

数千万年前の古のときから、自然の力によってつくられた白い鍾乳石もまた、神秘的なのです。

洞窟の入り口から、土ボタルたちのところまで続く、この白い鍾乳石。一センチ伸びるのに100年以上かかるとか。この鍾乳石たちは、数千万年のときをかけて自然につくられてきたそうです。そして、静かに今にいたるまで守られてきました。

2014-10-07-183005.jpg

この土ボタルが生息する「ワイトモケーブ(waitomo glowworm caves)」のような洞窟は、世界でもとても稀少だそうで、一見の価値ありです。実際にみると、鍾乳石にも、虫とは思えない青い輝きにもとても感動します。

こちらはワイトモケーブの長い歴史がわかる動画。

「ワイトモケーブ(waitomo glowworm caves)」見学ツアーは随時行われていますが、もし行くのであればインターネット予約をしておくと安心かもしれません。

光るために生まれた儚い命。

その命が生み出した感動の光景。

この洞窟には地球の神秘が息づいているのです。


TABIZINEについて

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【TABIZINE人気記事】

都会の小さな秋を見つけに。東京の隠れた紅葉狩りスポット3選

東京VS京都、外国人は日本をどう楽しむ?ミシュランガイド掲載の観光ツアー

【期間限定】夜長を楽しむライトアップ。華やかにあかりが灯る秋の金沢

【HUGLOG】もはや高級ホテル。病院ギライも吹っ飛びそうなタイの病院

LAで最高のアイスクリーム&ジェラート!おすすめショップ11選