BLOG

日本は物価が安い!?フランス在住者が検証してみた

2015年08月28日 15時17分 JST | 更新 2016年08月26日 18時12分 JST

500円あれば、外食チェーンなら牛丼やカレーに、ラーメンや天ぷらうどんが食べられる日本。コンビニで淹れたてのコーヒーとドーナツを買えば、300円以内で手軽なティータイムが過ごせてしまう贅沢さ・・・!

日本は物価が安い!? フランスと比べてみました

フランスで生活をしていると、よく現地の友人から「日本は物価が高そう」と言われるのですが、フランスの方がよっぽど物価が高い気がします。バゲットサンドでさえ、500円以上するのですから!

フランスの物価って?


2015年8月現在、1ユーロ138円。現地では、1ユーロを100円のような感覚で使っているイメージだと思ってください。

カフェでエスプレッソやアメリカンコーヒーを頼めば200〜250円程度ですが、カプチーノやホットチョコレートは500円ぐらいします。都会のカフェじゃなくても、こんなに高い! 500円以内では食事なんて、到底ムリです。極め付けはマクドナルドで、バリューセットさえ買うことができません。ちなみにマクドナルドのセットメニューの多くは、1000円以上(!)します。

ガラクタ多し! フランスの2ユーロショップ


国内の100円ショップにあたる「2ユーロショップ」では、100円ショップと比べて品揃えは悪いし、ガラクタばかり。2ユーロ(約270円)払ったら、それなりの対価は期待したいものですが・・・。

日本は物価が安い!? フランスと比べてみました

2ユーロショップ外観 (C) sweetsholic

それ故に、日本旅行から帰ってきた友人たちは「日本って物価安い! しかも100円ショップがめちゃくちゃ良い」と感激するようです。

日本は物価が安い!? フランスと比べてみました

2ユーロショップ内。小さいし、ちょっとショぼい!? (C) sweetsholic

さて、フランスでは500円以内でどれぐらいのものが買えるのでしょう? 500円を握りしめ(実際は約3.6ユーロ。※1ユーロ138円で計算/2015年8月現在)現地のスーパー「Monoprix(モノプリ)」へ行ってまいりました。

日本は物価が安い!? フランスと比べてみました

モノプリ (C) sweetsholic

500円で買えたもの


キャロットラペならぬ「セロリラペ」、バゲット・カンパーニュ(ハーフサイズ)・ミネラル感たっぷりのビオワイン(180ml)を購入。ランチを想定して購入してみたのですが、ちょっと寂しい印象かも。

日本は物価が安い!? フランスと比べてみました

モノプリで買ったもの (C) sweetsholic

国内だと500円以内では買うことのできない質の良いワインやチーズ、ジャムにビオ製品(有機農法で作られる製品)などが安く買えるのは魅力的です。ただ、これらはフランスの広範囲の地域で生産されているので、安くて当たり前なのかも。

相対的に見ると、500円以内でクオリティの高いものが手に入るのは、やっぱり日本! フランスは500円以内で買えるもののチョイスが国内よりもずっと少ないようです。

ほかの国と比較してみても、日本は食べ物も日用雑貨も、コスパの良いものが目立つようです。国内大手の100円ショップ「ダイソー」やファストファッションの「ユニクロ」が世界で人気の理由も、こんなところにあるのかもしれませんね。

[Photo by Shutterstock.com]

TABIZINEについて
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【TABIZINE人気記事】

【鬼怒川】あさやホテルの「空中庭園露天風呂」でゆったり至福のひととき

まるで夢の国!「大人女子」をうならせるリゾートホテルの過ごし方

まるで日本のヴェネツィア!情緒溢れる水の都「伊根の舟屋」

【HUGLOG】【福岡】あのタモリさんもお取り寄せしてる!?地元で有名な絶品うな重

タコベルだけじゃない!LA発の注目レストラン&ショップ8選