BLOG

【クロアチア】神の涙で生まれた島々「コルナティ諸島」

2014年12月02日 17時24分 JST | 更新 2015年01月31日 19時12分 JST

神が涙と星屑、息吹で創造した島々 コルナティ諸島

真っ青なアドリア海に、小さな島々が空から散りばめられたような、不思議な光景が広がるコルナティ諸島。クロアチアのダルマチア地方、ザダルとシベニクのちょうど中間地点に位置していて、150近くの島々が属しています。1000を超える島を抱えるクロアチアの中でも、とりわけユニークな形をした島や岩礁が集まる海域として有名です。

神が涙と星屑、息吹で創造した島々 コルナティ諸島

険しく切り立った崖。

星屑と涙で創られた島々

アイルランドの有名な劇作家バーナード・ショーは、この地を訪れた際、その美しさに感動し、「天地創造の最終日、神は自らの仕事を飾るために、涙と星屑と息吹からコルナティ諸島をお作りになった」と讃えたそう。

神が涙と星屑、息吹で創造した島々 コルナティ諸島

きらきらと輝く、涙の雫のような形をし島々が無数に点在する様子は、まさに神様が星屑と涙をそっと、その息吹でアドリア海に散りばめたような美しい光景です。

また、コルナティ諸島は古くからの言い伝えでは「コルナティ諸島周辺には1年の日数と同じくらいの数の島がある」と言われているそうで、今でもその数は増え続けていると信じている人もいるのだとか。

神が涙と星屑、息吹で創造した島々 コルナティ諸島

©Flickr/eddieedib

空から数えてみないとわかりませんが、確かに地上から見るだけだと、海の上にポコポコと並ぶ島の数は300をはるかに超えているように感じます。

迷路のように複雑な海域は、ヨットマン憧れの地

神が涙と星屑、息吹で創造した島々 コルナティ諸島

白い島々と青い海が迷路のように入り組み、手付かずの大自然が残るこの海域は、古くからヨットマンたちの憧れの地でもありました。海風と心の赴くままに無人島の間をヨットを走らせるその気分は、まるでロビン・クルーソー!

ですが、心のみならず身までロビン・クルーソーになってしまわないために、周辺の島々にはたくさんの灯台が建てられているので、航海の際はご安心を・・・!

神が涙と星屑、息吹で創造した島々 コルナティ諸島

©NOWAK LUKASZ/Shutterstock.com

これなら安心して海風と心に帆を任せられられそうですね。

コルナティ諸島を満喫!

神が涙と星屑、息吹で創造した島々 コルナティ諸島

©Flickr/ Caroline Gondry

150もの島々を抱えるコルナティ諸島ですが、その多くは無人島。島々やその周辺の海域には多種多様な動植物が生息し、国立公園にも指定されている、言わば"生命の楽園"です。

神が涙と星屑、息吹で創造した島々 コルナティ諸島

©NOWAK LUKASZ/Shutterstock.com

気軽にコルナティ諸島を満喫してみたいという人には、ザダルやシベニクなど周辺の都市から出ている1DAYエクスカーションがおすすめです。

早朝に町の港を出発して、島々を巡りながら船の上でゆったりと朝食を楽しみ、コルナティ国立公園内をクルージング。ランチを食べ、公園内の島の教会巡りやビーチでの海水浴を半日たっぷり満喫してから、日暮れ前に出発地点へ到着という大満足の行程でお値段も300クーナ程度(約6000円)とお手頃です。

神が涙と星屑、息吹で創造した島々 コルナティ諸島

©Flickr/photogreuhphies

海風と神様の息吹が日頃のストレスを優しく吹き飛ばしてくれることでしょう。

[Photo by Shutterstock.com]

TABIZINEについて

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【TABIZINE人気記事】

【30周年記念】走りながら観光も!LAマラソン大会が大人気の予感

【保存版】お土産選びはこれで解決!「ニューヨーク土産50セレクト」

スマートフォンを置いて、さぁ旅へ。「圏外旅行」から学びたい5つの事

【HUGLOG】まるでテルマエロマエの世界。bathの語源は「バース」という街だった!

LAではこれがブーム!LAで最高の「ロブスターロール」9選