BLOG

どうしてこんなところに?世界の「不思議な石と岩」5選

2014年07月09日 16時31分 JST | 更新 2014年09月07日 18時12分 JST

世界には、「どうしてこんな場所に? こんな形に?」と思わず目をみはってしまう、不思議な石や岩があります。

シェラーグ・ボルテン(ノルウェー)

2014-07-08-1313002.jpg

ノルウェー南部にある、陸地に深く入り込んだ峡湾「リーセフィヨルド」。全長42キロメートルに及ぶこの峡湾の一角に、断崖と断崖の間にぴったりはまった石が。今にも落ちそう・・・。

ボウリング・ボール・ビーチ(アメリカ)

2014-07-08-1313003.jpg

カリフォルニア州北部のスクーナ・ガルチ海岸には、海岸一面に直径1mほどの玉石がゴロゴロ・・・。波の浸食で徐々に削られてこのような形になったのだとか。

デビルズタワー(アメリカ)

2014-07-08-1313004.jpg

アメリカ・ワイオミング州にある高さ263mの巨岩。国定記念物に指定されています。見た目のインパクトもさることながら、名前も一度聞いたら忘れられません。

ジャイアンツ・コーズウェー(アイルランド)

2014-07-08-1313005.jpg

世界遺産に登録されている、北アイルランド・コーズウェー海岸の奇観。石柱の形をした玄武岩という火山岩の一種が、約8キロメートルにわたりびっしり並んでいます。

チャイティーヨー ゴールデンロック(ミャンマー)

2014-07-08-1313001.jpg

ミャンマー・チャイティーヨー山の頂上にある、まるで重力に逆らっているような岩。人の手によって黄金に塗られています。岩の上には約7mの仏塔が建っており、巡礼の地としても有名です。

長い年月をかけて形づくられたユニークな石や岩の形。改めて、自然の造形の面白さを感じさせられます。

[All Photos by shutterstock.com]

TABIZINEについて

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【TABIZINE人気記事】

ハワイ島で出会う世界三大パワースポット「マウナ・ラニ」

世界最大!アイスランドの露天風呂「ブルーラグーン」

【10万円で行ける世界遺産】遺跡を浸食する巨木の威力

【HUGLOG】お伊勢さん&渥美半島伊良湖岬~ホテル至上最高の景色~

世界の変な建物50選