BLOG

ラーメンを超える美味しい麺はどれ?! アジアのとっておき麺料理

2014年09月13日 00時21分 JST | 更新 2014年11月07日 19時12分 JST

ラーメン、蕎麦、うどんなど誰もが大好きな麺料理。特に屋台文化が発達しているアジアの地域では、サクッと食べられる麺料理が充実しています。

2014-09-08-1874601.jpg

旅の口コミサイト「トリップアドバイザー」のインフォグラフィクス『食べ尽くしたい! アジアの麺料理』より、スープ麺から汁なしタイプのものまで、アジアの代表的な麺料理をご紹介します。

2014-09-08-1874609.jpg

プロウンミー/マレーシア

2014-09-08-1874602.jpg

海老のダシが効いたスパイシーなスープに卵ベースの麺または米粉麺を入れた料理。屋台ではもちろん、カフェやフードコートなどでも味わうことができます。オススメは「卵麺と米粉麺のハーフ&ハーフ」。2種類の麺が同時に味わえる、プチ贅沢な食べ方です。

ラクサ/マレーシア、シンガポール

マレーシアやシンガポールで広く食べられているスープ麺。ココナッツミルクベースの「カレーラクサ」とアジをふんだんに使ったヘルシーな「アサムラクサ」の2種類があり、同じラクサながら全く異なる味わいです。ただし、どちらとも唐辛子たっぷりのスパイシーな味。

2014-09-08-1874603.jpg

カレーラクサ。マレーシアの一部の地域では麺に「スパゲティ」を用いるところも!

2014-09-08-1874604.jpg

米粉麺でいただく、魚ベースのアサムラクサ

パンシット・ビーフン/フィリピン

2014-09-08-1874605.jpg

米粉麺を豚肉や魚、野菜、フィッシュケーキ(魚の練り物)などと一緒に炒めて、しょう油味で仕上げたもの。誕生日や人が集まるときなど、お祝い事の際に欠かせない料理です。カラマンシーというすだちに似た柑橘系果物をキュッと絞っていただきます。

カオソーイ/タイ

2014-09-08-1874606.jpg

ココナッツミルク入りのカレースープに卵入りの黄色い麺を入れた、タイ北部のチェンマイで広く食べられている屋台料理。ラオスでも人気のある麺料理です。

ムルレンミョン(水冷麺)/北朝鮮、韓国

冷麺には、スープ入りとスープなしの2種類あります。 牛肉や豚肉などでダシをとった冷たいスープに、そば粉や緑豆粉のシコシコ麺を入れた焼肉店でお馴染のスープ麺。もうひとつが、麺に唐辛子ベースの調味料をかけて食べる汁なしの「ピピムネンミョン」です。

2014-09-08-1874607.jpg

スープ入り冷麺

2014-09-08-1874608.jpg

冷やし中華のようなピピムネンミョン

チョプシー/ネパール

カリッと揚げた麺に野菜のあんかけと卵をトッピングしたネパールスタイルのあんかけ固焼きそば。

食べたことのあるメニューはありましたか? 朝はダシの美味しさが生きた辛さ控えめの麺、昼にはお腹にたまる具沢山の麺、夜には汁なし麺など、1日3食食べても飽きない麺料理。アジア旅行は、思う存分麺類を味わう絶好の機会です。

[All Photo by shutterstock.com]

TABIZINEについて

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【TABIZINE人気記事】

美しすぎるアイスホテルにツリーホテル。エキセントリックなホテル4選

【人数限定】貴重な体験ができる!人気の農家民宿3選

呪われた古代都市?奇岩をくり抜いたサウジアラビア初の世界遺産

二階建てオープン観光バス「SKY BUS 東京」に乗って名所をまわってみた!

LAで最高のラーメン10選!