BLOG

【宮崎】亜熱帯植物群の中に現れる神社!「青島」で自然の造形に息を呑む

2014年05月02日 20時34分 JST | 更新 2014年06月30日 18時12分 JST

宮崎・青島で自然の象形に息を呑む! 

(C)みやざき観光情報旬ナビ

「鬼の洗濯板」を間近で見る

宮崎県宮崎市には、「青島」という観光名所があります。

周囲1.5kmの陸続きの小さな島ですが、なんといっても目を引くのは島の周囲にある、白っぽい「鬼の洗濯板」。

実際に島に行ってみると・・・。

宮崎・青島で自然の象形に息を呑む! 

(c)flickr / Tzuhsun Hsu

確かに洗濯板っぽいですね!

これは、固い砂岩とやわらかい泥岩が海中でミルフィーユ状に積み重なり、それが斜めに隆起して、長い時間をかけて波で洗われて、砂岩だけが残ったものなのだそうです。

宮崎・青島で自然の象形に息を呑む! 

(c)flickr /ゴンザレス 森井

ところどころ、小さな穴も開いています。

きっと、砂粒が波によって転がされて岩が浸食され、穴になったのでしょう。

鬼の洗濯板は、潮の干満で表情が変わります。そんなところも魅力的ですね。

青島神社で縁結び祈願

さて、青島の真ん中には、青島神社があります。

宮崎・青島で自然の象形に息を呑む! 

(c)flickr /かがみ~

こちらは、ヒコホホデミノミコト(山幸彦)とトヨタマヒメ(豊玉姫)、シオツチノオキナ(塩土の翁)を祀っている神社で、縁結びにご利益があるのだとか。

宮崎・青島で自然の象形に息を呑む! 

(c)Akiko Imai

神社のおみくじはゲーム感覚で楽しめるのが印象的でした。

サイコロを振って、出た目のおみくじを引いたり、おみくじの釣りがあったり。

宮崎・青島で自然の象形に息を呑む! 

(c)flickr / the.muwan

さらに、絵馬のトンネルをくぐって奥の本宮へ行くと・・・。

宮崎・青島で自然の象形に息を呑む! 

(c)Akiko Imai

なんともトロピカル!

どうやら青島は、亜熱帯植物の生息北限地らしく、「青島亜熱帯性植物群落」として国の特別天然記念物に指定されているのだとか。

神社と亜熱帯植物の組み合わせが、なんとも新鮮です。

青島は、島全体が霊域とされており、江戸時代までは地元の人しか入島は許可されていませんでした。しかも、入島できる期間は旧暦の3月16日から3月末までとごく限られた期間だったそうです。

全国の信者が参拝できるようになったのは、1737年から。

珍しい自然が大切に保存されているのも、こういった背景があるからなのでしょうね。

今井明子

TABIZINEについて

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【関連記事】

決定!「世界一即戦力な国」は、美しい大自然に羊がいっぱいのあの国

【ツウが語る】自転車で巡る京都観光の厳選コース

フライト時間5時間限定!週末に行ける海外おすすめ都市3選

【吉祥寺】都内にいながら台湾にトリップできる一押しカフェ「月和茶」

Daily Life From Around The World