BLOG

閉塞感なし!クリーン&シンプルな格安カプセルホテルが成田空港内にオープン

2014年05月09日 22時30分 JST | 更新 2014年07月08日 18時12分 JST

閉塞感なし!清潔・シンプルなカプセルホテルが成田空港に

(c)9hours

カプセルホテルのネガティブなイメージを一新してくれるカプセルホテルが成田空港に登場します。

早朝や深夜に空港発着することの多い弾丸トラベラーが増えている今、短時間利用OKで、デイユースは1,900円から、宿泊は3,900円からというのは、価格面でも旅人のニーズにしっかりと応えています。

9hours(ナインアワーズ)」というこのカプセルホテルは、

2014年7月20日(日)から成田空港内第2旅客ターミナルにオープンする予定です。

デイユースの場合、最初の1時間は1,500円、以降1時間ごとに500円で延長できるそうなので、仮眠でも気軽に利用できそうです。

その「9時間」を快適に過ごすために

ここ9hoursでは、ホテルの滞在時間の内訳を、「1時間シャワー、7時間睡眠、1時間身支度」の9時間と捉えています。

この9時間をシンプルかつ必要最低限なフローで宿泊することができるのです。

閉塞感なし!清潔・シンプルなカプセルホテルが成田空港に

(c)9hours

ビジネス利用ならなおさら、シンプルにお得に過ごしたいものです。「ただ寝られればいい」にプラスして、「快適に」はぜひほしいところ。そんな痒いところに手が届くようなカプセルホテルです。

(c) Maurice Ajanaku

カプセルホテルの境地?!デザイン性にも注目

すごいのは、クリーンなデザイン。

カプセルホテルの閉塞性や不安感が一掃されたその清潔感に、誰もが安心して過ごせそうです。

閉塞感なし!清潔・シンプルなカプセルホテルが成田空港に

(c)9hours

また、嬉しいことに、は成田空港を利用する人のために、ここでは独自のマットレスが採用される予定です。

体積の96%が空気層で、じめっとせず、いつも快適な敷き寝具なのが特徴だそうです。

この清潔感や細かな感触が、旅の思い出としてよみがえってきたときに、あとあと「やっぱりあそこはよかった」と効いてきそうです。「安い」「手軽」だけでない、カプセルホテルの新しい良い面が表れています。

閉塞感なし!清潔・シンプルなカプセルホテルが成田空港に

(c)9hours

石原亜香利

TABIZINEについて

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【TABIZINE人気記事】

【都内で発掘】デートにも!麻布でリーズナブルに楽しめる絶品サムギョプサル

【外国から見た日本】外国人が来日時に見てる「日本ガイド」が面白い!

【現地レポート】一生に一度は見たい!数万個のランタンを空に飛ばす祭り

ブラックジョークが冴えわたる横浜の珍スポット「ヨコハマおもしろ水族館」