BLOG

氷河から生まれた宝石のような湖「ルイーズ湖」

2014年05月09日 22時38分 JST | 更新 2014年07月08日 18時12分 JST

氷河から生まれた宝石のような湖「ルイーズ湖」

美しい自然の景観で知られるカナディアン・ロッキー。そこに静かにたたずむ、宝石のような湖「ルイーズ湖」をご存知でしょうか。湖畔に広がる針葉樹の森、深いエメラルドグリーンをたたえる湖水。絵本の1ページのような風景です。

不思議な色彩を生む氷河

氷河から生まれた宝石のような湖「ルイーズ湖」

まだ氷が残る春のルイーズ湖。冬はホッケーができるくらい分厚い氷に覆われます。

氷河から生まれた宝石のような湖「ルイーズ湖」

表面を覆う氷が溶けると、宝石のような色合いが顔を出します。氷河が溶けた水に含まれる泥により、このようなエメラルドグリーンが生まれるのだそう。世界で最も美しい氷河湖とも言われるこの湖は、英国のビクトリア女王の娘、ルイーズ・キャロライン・アルバータの名にちなんでつけられたといいます。

氷河から生まれた宝石のような湖「ルイーズ湖」

湖畔には、お城のような4つ星ホテル「シャトーレイクルイーズ」がひっそりと建っています。

氷河から生まれた宝石のような湖「ルイーズ湖」

©e X p o s e / Shutterstock.com

ホテルのエントランスからの眺めは、合成写真かと思うほど。三方をロッキー山脈に囲まれ、別世界のように見えます。

朝はとびきりの水鏡に

氷河から生まれた宝石のような湖「ルイーズ湖」

その湖面が巨大な鏡になる、朝焼けの時間。朝霧の中、黄金色に染まる山の頂が湖の差し色となり、昼とはまた違った表情を見せてくれます。

氷河から生まれた宝石のような湖「ルイーズ湖」

朝日が登るにつれ、色合いも変化していきます。奥に立ちふさがる巨大な氷河の白。森の緑。空の青・・・。もうしばらくすると、あたりがさらに明るくなり、エメラルドグリーンの湖に戻るのです。

ルイーズ湖は美しいだけでなく、厳かな気品に満ちています。だからこそ、王女の名が冠され、「カナディアン・ロッキーの宝石」の異名を持つのかもしれません。

[All photo by shutterstock.com]

山口彩

TABIZINEについて

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【TABIZINE人気記事】

【都内で発掘】デートにも!麻布でリーズナブルに楽しめる絶品サムギョプサル

【外国から見た日本】外国人が来日時に見てる「日本ガイド」が面白い!

【現地レポート】一生に一度は見たい!数万個のランタンを空に飛ばす祭り

ブラックジョークが冴えわたる横浜の珍スポット「ヨコハマおもしろ水族館」