Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

TABIZINE Headshot

コーヒー界の革命児「ブルーボトルコーヒー」が日本上陸!進出エリアは?

投稿日: 更新:
印刷

2014-05-29-1108301.jpg

コーヒー界の革命児が日本へ!

「コーヒー界のApple」との異名をもつコーヒーブランドの日本上陸が決定しました。サンフランシスコ発祥の「Blue Bottle Coffee」。その名の通り、青いボトルのロゴマークが印象的な、2002年に始まったブランドです。

コーヒー界の革命児「ブルーボトルコーヒー」が日本上陸!進出エリアは?
©Blue Bottle Coffee

創始者のジェームス・フリーマン(James Freeman)氏は、元クラリネット奏者。元々コーヒーが大好きだったそうで、最高の一杯を作るべく、自宅のガレージで焙煎所をスタートさせたのが始まり。サンフランシスコに次いで、ニューヨーク、ロサンゼルスに焙煎所を立ち上げ、そして今回4つ目の進出先として東京が選ばれました。

特徴は「マイクロ・ブリュー・コーヒー」と呼ばれる、1カップずつ丁寧に入れられた香り高いコーヒー。コーヒー豆を厳選すること、焙煎後48時間以内に豆を使い切ること、豆を挽いて45秒以内にコーヒー粉に熱湯をたらして淹れることなどをポリシーとし、そのこだわりから生まれた一杯は、多くファンを魅了しています。気になる進出エリアは江東区・清澄白河。拠点として焙煎所兼カフェ兼オフィスをかまえ、ここから日本でのブランド認知への活動が始まります。

コーヒー界の革命児「ブルーボトルコーヒー」が日本上陸!進出エリアは?
©Blue Bottle Coffee

日本での販売は未定ですが、本場のサンフランシスコにある店舗では、トートバッグやキャップ、パーカーなどオリジナルグッズも販売されています。東京でも販売されれば、こちらも人気がでそうですね!

コーヒー界の革命児「ブルーボトルコーヒー」が日本上陸!進出エリアは?
©Blue Bottle Coffee

コーヒー界の革命児「ブルーボトルコーヒー」が日本上陸!進出エリアは?
©Blue Bottle Coffee
10511-09

おいしい一杯に出会ったときの感動は何にも代え難いもの。コーヒー界に新たなムーブメントが起きそうです。

平井 みか

TABIZINEについて
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【TABIZINE人気記事】
【デートにお勧め】世界への玄関口「横浜大桟橋」がロマンチック
「世界の湖畔で最も美しい」町、オーストリア「ハルシュタット」で癒される
【外国人に聞いた】外国人が喜ぶ日本のお土産って何?

Close
コーヒーデザート
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド