Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

TABIZINE Headshot

【世界の薄毛事情】外国人の薄毛への反応を調べてみた

投稿日: 更新:
印刷

世界で最も薄毛率が高い国はどこかという話題が一時期注目を集めました。確かに海外に行くと、薄毛の人が目立つ国もあれば、そうでない国もあり、地域や環境によって薄毛率が違うように感じます。そもそも海外の人は薄毛をどう捉えているのでしょう?外国人は薄毛を日本人ほど気にしない傾向があると言いますが、本当なのか、海外の薄毛事情について迫ってみたいと思います。

海外の薄毛事情について聞いてみた

今回はファッションの本場で育ったフランス人のアレックスさんとイタリア人のロマーノさんに協力してもらい、ヨーロッパの薄毛事情をインタビューしてみることに。さっそくお国の薄毛事情について聞いてみましょう。

まずは、フランス育ちのアレックスさん。

【世界の薄毛事情】外国人の薄毛への反応を調べてみた

編集部:薄毛についてどう思いますか?

アレックス:恐ろしいですね。私は遺伝的に大丈夫かと思いますが、男性にとって避けられない悩みだと思います。

編集部:フランスの薄毛事情を教えてください。

アレックス:フランスでは薄毛の人が多い気がしますが、日本人ほど気にしていないと思います。仕方ない現象として受け入れられています。

編集部:アレックスさんは、今あまり薄毛について気にならないかもしれませんが、将来的にはどうでしょう?

アレックス:家系はフサフサなので大丈夫かと思いますが、日本というストレス社会に住んでいると誰でも薄毛になりうる気がします。 それが恐ろしいです。

編集部:日本にはスカルプシャンプーなどがたくさんあるのですが、使ってみたいですか?

アレックス:現段階では大丈夫ですが、一度試してみたいかもしれません。

次に生粋のイタリア人、ロマーノさん。

【世界の薄毛事情】外国人の薄毛への反応を調べてみた

編集部:薄毛についてどう思いますか?

ロマーノ:若い頃からずっと気にして、薄毛を防止するための対策をいくつか試しています。

編集部:イタリアの薄毛事情を教えてください。

ロマーノ:イタリアの薄毛人口について正確な数字は分かりませんが、感覚的にはとても多いと感じています。
多くのイタリア人男性は、薄毛になると社会的にイメージがダウンして、モテない可能性が高くなることを心配していると思います。

編集部:ちなみに・・・ロマーノさんは、薄毛を気にしたり悩んだりしていますか?

ロマーノ:イメージダウンに繋がりますので、10代の頃から悩んでいましたが、遺伝的な要素が強いと思い、受け入れています。しかし、薄毛の進行は恐ろしいです。

編集部:日本にはスカルプシャンプーなどがたくさんあるのですが、使ってみたいですか?

ロマーノ:日本にスカルプシャンプーがたくさんあることは知っています。以前からいろいろな商品を使っていますし、これからも使っていきたいと思っています。

最新スカルプシャンプーを使ってもらい、日本発の技術を検証

さらに海外と日本の薄毛事情を調べるため、2人には日本の最新スカルプシャンプーを試してもらうことに。日本製のスカルプシャンプーについて、真剣に検証してもらいました。今回は、色々なスカルプシャンプーを試したことがあるというロマーノさんのために、彼が一度も使用したことがないものを用意しました。

【世界の薄毛事情】外国人の薄毛への反応を調べてみた
使用したスカルプシャンプーは「LABOMO SCALP AROMA」。


ちなみに、LABOMO SCALP AROMAは、環境や人体への影響に配慮したシャンプーで、界面活性剤の使用を最小限に抑える"三相乳化"という技術が用いられているそうです。一般的に、シャンプーには水や油など、本来混ざり合わない物質を混ぜるために複数の界面活性剤を使用していますが、このシャンプーはナノ粒子による物理的作用、つまり自然界の力によって成分を結合させているとか。

日本の技術が活かされたシャンプーを外国人に使ってもらう絶好の機会というわけです。

編集部:実際にLABOMO SCALP AROMAを使ってみた感想を教えてください。

アレックス:普通のシャンプーと比べて、とても泡立ちが良く、頭皮までしっかり洗えた気がしました。
普通のシャンプーだとすぐ洗いながしてしまいますが、このスカルプシャンプーでは自然といつもより長く洗った気がします。

ロマーノ:以前いろいろな種類のスカルプシャンプーを使ってみましたが、頭の皮膚が乾燥して腫れたりしたので止めました。そのすごい技術のせいか、スカルプシャンプーとしては、いままで試した中で圧倒的にいいです!香りがいいのと、頭皮に優しい感じがして、乾燥もない、髪のごわごわした感じも無かったです!感動しています!

何と意外な反応!ロマーノさんの感動の具合には特に驚きです。なんだか外国人に日本製品を「すごい!」と言ってもらえると嬉しい気持ちになりますね。

編集部:母国でもスカルプシャンプーなど使ったことあるのですか?それと比べてどうでしたか?

アレックス:使ったことがありません。おそらく、母国では種類も限られており、値段もとても高いので、フランス人はあまり買わないと思います。

ロマーノ:イタリアで以前使ったことありますが、基本「ハーブシャンプー」などホリスティックな漢方型のものが多かったので、日本のスカルプシャンプーと違うイメージカテゴリーだと思います。イタリアでは、科学的な評価や効果がないハーブシャンプーが多かったです。
また、イタリアのハーブシャンプーは高いです。経済が不安定で所得格差が大きいイタリアでは、日本のようにスカルプシャンプーを気軽に使うという傾向はあまりありません。

編集部:日本ではいま、薄毛男性を色っぽくてかっこいいと捉える人も出てきていますが、それぞれのお国ではどうなのでしょう?やはり悩みの種というのが正直なところなのでしょうか?

アレックス:日本では渡辺謙のことでしょうか?実は、フランスでも、薄毛男性が色っぽいといわれることもあります。ジャン・レノを真っ先に思い浮かべますが、そう言われたらジダンもそうですね。

ロマーノ:人によりますが、元々かっこいい男性であれば薄毛になっても魅力が落ちないです。イタリアでは多くの男性が薄毛になっていく傾向があるのですが、どうしようもない薄毛になってしまった時、自分の魅力を維持するための方法として、丸坊主にしたり、トレーニングで筋肉をつけるなど、薄毛でマイナスになってしまった自分の魅力をアップさせる努力をしているようです。
自分も万が一なれば他の魅力を磨くつもりですが、まずは薄毛にならないようにヘアケアすることを今は一番大切にしています。

外国人は薄毛をポジティブに捉えているとのことを聞いたことがありますが、意外とそうでもないようです。人それぞれではありますが、薄毛の悩みは外国人も同じという調査結果がわかりました。

今回はヨーロッパ人に聞いてみましたが、もっと様々な世界の国の薄毛事情を調べてみるのも面白いかもしれませんね。

【世界の薄毛事情】外国人の薄毛への反応を調べてみた

【世界の薄毛事情】外国人の薄毛への反応を調べてみた

TABIZINE編集部

TABIZINEについて
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【TABIZINE人気記事】
南極に旅行できるか調べてみた
【料理が絶品の鉄板宿】1日10組限定の「古民家温泉宿」
一生に一度は見たい!謎だらけの天空遺跡「マチュピチュ」