BLOG

「ウマイ!」一日の始まりを盛り上げてくれる、築地の朝ごはん4選

2014年06月06日 18時48分 JST | 更新 2014年08月04日 18時12分 JST

「ウマイ!」一日の始まりを盛り上げてくれる、築地のおすすめ朝ごはん

©Stephen Bures / Shutterstock.com

他の国に比べても、日本の朝食はボリューム満点、栄養満点。パンの消費が高まりつつも、「ご飯派」が根強いのも事実。今回は一日の始まりを盛り上げてくれる、元気いっぱいの朝ごはんをご紹介したいと思います。

とんかつ八千代(場内)

ボリューム満点のフライが自慢のとんかつ八千代。特にロースカツ定食、エビフライ定食、アジフライ定食が人気のようです。

揚げ物はこってりしていますが、忙しい一日は朝からガッツリ食べてエネルギーを温存するのも一日を乗り切る秘訣かもしれませんね。

「ウマイ!」一日の始まりを盛り上げてくれる、築地のおすすめ朝ごはん

とんかつ八千代 © 2014 Time Out Tokyo

■とんかつ八千代

住所:中央区築地5-2-1築地市場 6号館2F

営業:5:00~1:00

電話:03-3541-0952

定休:日曜日、祝日定休、不定休

中栄(場内)

築地にあるインドカレー専門店、中栄はなんと大正元年創業。機械使用せずに、手作業だからこそ生まれる、温かみのあるカレーが自慢のお店です。お値段も550円~650円と非常にお手頃ですよ。

これからどんどん暑くなるにあたって、夏バテ対処にも力が入りますよね。暑い時こそ、カレーを食べてたっぷり汗をかいて、一日分のスタミナを補充したいものです。

「ウマイ!」一日の始まりを盛り上げてくれる、築地のおすすめ朝ごはん

中栄のカレー © 2014 Time Out Tokyo 

中栄

住所:中央区築地 5-2-1中央卸売市場内 1号棟

営業:5:00~14:00

電話:03-3541-8749

定休:築地市場水産部の定休日、詳細は要確認。

和食かとう(場内)

魚料理専門店のかとうでは、焼き魚から煮魚まで、旬の魚を美味しく提供してくれます。ほかほかの白いごはんに、プリプリのお魚、そしてお味噌汁。朝からほっこりできる、定番の朝ごはんですね。

「ウマイ!」一日の始まりを盛り上げてくれる、築地のおすすめ朝ごはん

© 2014 Time Out Tokyo

■和食かとう

住所:中央区築地5-2-1 築地市場 8号館

営業:5:00~13:00

電話:03-3547-6703

定休:日曜日、祝日、休市日

鈴木水産(場外)

築地市場から少し離れたところにある、海鮮料理専門店です。1000円前後で食べられるさまざまな定食を提供してくれます。「生ウニ定食」なんていう、少し変わった定食もあり、箱一杯に入ったウニが楽しめるようです。

お寿司のネタの中でも根強い人気を誇るウニ。大好きなものをお手軽な値段で、心ゆくまで満喫。そんな朝ごはんを楽しんだならば、1日元気に頑張れそうです。

「ウマイ!」一日の始まりを盛り上げてくれる、築地のおすすめ朝ごはん

© 2014 Time Out Tokyo

■鈴木水産

住所:中央区築地4-11-2

営業:9:30~14:30(木曜日、金曜日は17:00~21:00)

電話:03-3541-7860

定休:日曜日、祝日の月曜日

「ウマイ!」一日の始まりを盛り上げてくれる、築地のおすすめ朝ごはん

© Gritsana P / Shutterstock.com

朝から元気いっぱいの築地。朝食はもちろんの事、朝から頑張って働く人の姿は、一日の始まりを活気で満たしてくれる、何よりのスタミナになるかもしれませんね。

[Photo by shutterstock.com]

Yoko

TABIZINEについて

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【TABIZINE人気記事】

【インタビュー】台湾で最も泣ける映画『一分間だけ』/女優 池端レイナ

ウユニ塩湖の「トリックアート」でガリバー体験

まるでハリーポッターの世界!イギリスで最も美しい街「バイブリー」

ハワイのローカルスイーツ「マラサダ」を日本で

ギネス認定世界一!「マカオタワー」223mのバンジー体験

「こんなところにペンギン?」南アフリカの不思議な光景

Tokyo For Free