BLOG

ホテルデザインの新トレンド、工業的要素が光るホテル10選

かつて工場だった建物や船籍コンテナを改造し、荒削りな魅力を光らせるホテルに注目してみましょう。

2017年10月08日 12時09分 JST | 更新 2017年10月08日 12時27分 JST

打ち放しのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが、すっかり数を増やしました。確かに、味わいのある質感を持つ様々な工業素材は、なぜかふと都会的なロマンスを感じさせるもの。今回は、かつて工場だった建物や船籍コンテナ(!)を改造し、荒削りな魅力を光らせるホテルに注目してみましょう。

米ニューヨーク州|ブルックリン 1 HOTEL BROOKLYN BRIDGE

とにかく見事なこの眺めをご覧あれ。ブルックリンハイツ地区に位置するこの水辺のホテル。川向かいには、とめどなく変化し続ける工業的なエネルギーに満ちた、ロウアーマンハッタンの姿が広がります。このホテル、実は新築ビルなのですが、観光名所コニーアイランドの古い桟橋から外した木板や、「ドミノ」社の旧製糖工場から引き取ったリサイクル素材を買い取って造られたということで、どことなくアンティーク感を感じさせるのが見事。しかも建物は通常、風力・雨水発電を利用しているという、とってもエコな一軒です。

スリランカ|キャンディ SANTANI WELLNESS RESORT & SPA

「サンターニ・ウェルネスリゾート&スパ」という名前からは、ビーチフロントのヨガクラスでも想像してしまいそうですが、このホテルの実際の印象はいたって、柔軟とは正反対。トロピカルな土地でも、コンクリートのモダニスト建築は今や当然のごとく存在するもの。中でもここサンターニは他と一線を画する完成度です。しかも、こういったさり気ないモダニズムは、瞑想に耽けるようなウェルネスプログラムにもぴったり。すっきりとした建築の心を落ち着かせる力が、効果的に使われているわけです。

オーストラリア|キャンベラ HOTEL HOTEL

オーストラリアの首都キャンベラに近年、新しく認められるようになったニュー・アクトン地区。そこにある多目的ビルの中に登場した「ホテル・ホテル」は、そのまさかのネーミングだけでなく、あらゆる形で思い出に残る滞在が楽しめそうな一軒です。新世代のインダストリアル・スタイルを絵に描いたようなこの建物にはこのホテルのほかに、アートギャラリーや自転車ショップ、フィットネススタジオやスパ、インディーズ映画館といった文化施設が当然のごとく共存しています。コンクリートやリサイクル木材をたっぷり用い、独創的な感覚で仕上げたモダン空間をお楽しみください。

米イリノイ州|シカゴ THE ROBEY HALL

メキシコで前衛的なホテルを数々手がけてきたグルーポ・アビタ。彼らのこれまでの成功を見届けてきた人なら、きっとすでにここ「ザ・ロービー・ホール(旧名:ザ・ホーランダー)」の魅力もご存知のはず。同グループが得意とするのは、バランス良いデザイン性と夜遊びシーンを取り合わせた、おしゃれ度の高い都会の人気スポット。ここシカゴのウィッカーパーク地区では、かつて工業用倉庫だったスペースを改造。朝のコーヒーも、夜のカクテルも一層美味しくしてくれそうな、大きな空間が広がります。

タイ|カンチャナブリ X2 RIVER KWAI RESORT

インダストリアルというキーワードを、必ずしも古い要素だと理解してはいけません。川沿いにある超近代的なホテル「X2・リバークワイ・リゾート」は、貨物コンテナのトレンドを素早くキャッチし、タイの自然美を目の前に、すっきりとした、アートフルとも言える空間を完成。館内の「ブリッジ・バー&ビストロ」で朝食を済ませたら、タイの田舎の豊かな自然と素朴な風景を楽しみに出かけましょう。都会の空気や建築は、夜このホテルに戻ればじっくり楽しめるのですから。

オランダ|アムステルダム SIR ADAM HOTEL

モダンな高層ビルがあまりないこの町だけに、一層目に飛び込んでくるアーダム(A'DAM)タワー。その中の8フロアを占める「サー・アダム・ホテル」からは、やはりほぼどの部屋からも素晴らしい水辺の眺めが望めます。そして室内では、打放しのコンクリートと床から天井まで広がる大きな窓が、これでもかと言わんばかりにインダストリアルスタイルの魅力を見せてつけます。また、同館内にあるギターの名門ギブソン社を意識してかしないでか、客室には音楽に関するこだわりのヒントがいたるところに散りばめられています。

ボリビア|ラ・パス ATIX HOTEL

ケチュア語で"栄える者"という意味を込めて名付けられた「アティックス・ホテル」。比較的低い建物が並ぶ環境の中に、ポンと頭一つ飛び出た見逃しようのないこの存在。しかも、辺りを囲む山の迫力ある景色を、ご覧の通り一望できてしまうわけです。アティックスの幾何学的なセンス(とガラス張りの壁)は、この国の豊かな工業の歴史と世界の上質なホスピタリティシーンへのオマージュともなっている様。ボリビアのデザイナーズホテル・シーンもいよいよ本格的になった証拠と言っていいでしょう。

シンガポール THE WAREHOUSE HOTEL

若干あからさまなネーミングに思えますが、ここはシンガポール。アメリカやヨーロッパで言うウェアハウス(工業用倉庫)とはちょっと異なる、ここならではの倉庫街の歴史と水辺の魅力があるのです。それはともかく、独特でチャーミングな三角屋根はそのままに、館内にはゆったりとしたロフト風の客室が。はめ込み照明をはじめとする近代的な仕上げ要素も健在ですが、やはりこの空間に活き活きとした個性を与えているのは、かつてからここにあったこの建物の骨組みでしょう。

ジョージア(グルジア)|トビリシ FABRIKA TBILISI

アメリカで目にする旧工業空間の変身ぶりもさることながら、それを南コーカサスの国ジョージアで目にすると、やはりインパクトが違います。「ファブリカ・トビリシ」は、ソビエト時代の衣料工場を改造したホテル。賑やかな公共スペースと、天井の高い客室。どこにいても、タイルやパイプ、荷台パレットといった、質感異なる素材が穏やかに共存し、新しい息吹を吹き込まれたこの空間で美しい第二の軌跡を辿り始めています。

米ウィスコンシン州|ミルウォーキー THE IRON HORSE HOTEL

ハーレーダビッドソン博物館の真向かいに構える「ザ・アイアン・ホース・ホテル」は、言うまでもなくバイクファンを狙った、なかなかハンサムなホテル。しかも、それだけでは言い足りないと思ったのか、レザーやメタルといった素材を多用した空間には、アメリカ中部ならではのクラシックな感覚と、ラフでたくましいバイカー精神をそのデザインでしっかり反映させています。とはいえ、実際のところはバイク嫌いな人やペットだってウェルカム。ここに来たら急にまたバイクに憧れるようになるかもしれません。

From: Tablet Magazine