Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

Tablet Hotels Headshot

予算低めでも、お洒落に妥協はナシ! リーズナブルな個性派ホテル8選

投稿日: 更新:
印刷

水上に浮かぶバンガローや、私有の島を丸ごと利用したプライベートな宿など、夢のような宿泊施設は、いつでもご紹介できます。けれど、私たちが大切にしているのは、そういったドラマチックな物件ばかりではありません。同じゲストでも時期や旅の目的によって予算が違うから、ニューヨークやロンドンをはじめとする定番の街では特に、お手頃な料金帯のホテルもご案内できるように、常にチェックしているわけです。ここで挙げる8軒は、特別割引やセールのタイミングに頼らずとも、確実にお得な料金帯とクオリティーを備えたホテルです。

1. BORO HOTEL(ニューヨーク)

2016-05-20-1463718602-4510852-boro_hotel.jpg

恨むべきは不動産。今や、マンハッタン内でお洒落なデザイナーズホテルに泊まるとなったら、それなりの料金を払う心の準備が必要です。でも、ミッドタウンから地下鉄ですぐ、川向かいのクイーンズ地区ロングアイランドシティなら、(少なくともまだしばらくは)その心配ナシ。しかもここに来ると、ちょっと距離があるからこそ、マンハッタンにいたままでは望めない、輝くべき摩天楼の眺めが楽しめるのです。

2. MAMA SHELTER LOS ANGELES(ロサンゼルス)

2016-05-20-1463718651-5494336-mama_shelter_la.jpg

ハリウッドのど真ん中に腰を下ろしたのは、サービス業界特有の無駄を省いた、フランス発のホテルチェーン。遊び心のある気取りのないデザインと、シンプルながらスタイリッシュな客室。そして、賑やかで居心地の良い公共スペースが、ママ・シェルターの魅力。高級感溢れるビバリーヒルズにばかりいては、やっぱり、この街のフレッシュなエネルギーには触れられません。

3. TOWN HALL HOTEL(ロンドン)

2016-05-20-1463718686-5105863-town_hall.jpg

ロンドン市内でもかなり東にあるけれど、それさえ問題でなければ、この街で一番お得なホテルと言って間違いありません。たっぷりと広い間取りの客室と、自信を感じさせるスタイリッシュなデザイン性、そして、ほかのエリアから遠出してでも訪れるべきレストラン「コーナールーム」が揃っているとあれば、文句ないでしょう。もちろん、ショーディッチをはじめ、最先端トレンドを生むイーストエンド地区を散策するには、当然持ってこいの立地です。

4. CLASKA(東京)

2016-05-20-1463718773-7864797-claska.jpg

もう決して新しくはないけれど、デザイン面とコスト面で、ここまでホテル好きを喜ばせてきたホテルは、東京にはほかにあまりありません。都心にあるとは思えない広々とした客室と、ひとつひとつ個性的なのに飽きのこないインテリアは、さすが。交通の便ではちょっと妥協もあるけれど、東京人っぽい数日を過ごしたいのなら、高層チェーンホテルよりもずっとおしゃれで充実した時間が過ごせるはず。

5. VINTRO HOTEL & KITCHEN(マイアミ)

2016-05-20-1463718741-8165271-vintro.jpg

賑やかな目抜通りからほんの2ブロック離れた、理想的なロケーションにあるヴィントロ。鮮やかでポップなモダンデザインの客室と、未成年は絶対お断りという(マイアミでは特に嬉しい)入館ポリシー、そしてホテル名の一部になるほど自慢のレストラン付きとあれば、もっと料金高めでもおかしくないはず。でも、そこをあえてプッシュしないから、一層魅力が高まるのです。

6. LINNEN(ベルリン)

2016-05-20-1463718807-6699846-linnen.jpg

ベルリンの小さなホテル、リンネンは、見事な按配で味の出たヴィンテージ風インテリアと、親切で温かいおもてなしが自慢の一軒。客室数は全5部屋。こじんまりとしていて、ホテルというよりもゲストハウスのような雰囲気ですが、その、さりげなくもおしゃれな折衷感覚と地階のカフェは、世のたくさんのデザイナーズホテルも羨む仕上がりになっています。

7. HOTEL PULITZER ROMA(ローマ)

2016-05-20-1463718855-207890-pulitzer.jpg

古代都市ローマの典型図を求める観光客にとっては、ちょっと物足りないかもしれないけれど、その分ほかにはない個性で安定した人気を得ているホテル・ピュリッツァー・ローマ。市の中心地から少し南下へと離れた新市街、エウローパことエウル地区では、都会的な近代イタリアン・インテリアデザインも、ずっとお手頃な値段で満喫することができます。

8. FREEHAND CHICAGO(シカゴ)

2016-05-20-1463718891-7309392-freehand_chicago.jpg

ホテル的要素とホステル的要素を取り合わせたフリーハンド・シカゴは、デザイン性と良心的な料金帯が交わるごく狭い接点に、上手に食い込んだ一軒。人気建築デザイン会社、ローマン&ウィリアムズが味方となったとあれば、当然なのかもしれません。マイアミの姉妹ホテルが、低料金帯を意識した生粋のホステル風なのに対し、こちらは、スタイルと社交性は大切にしつつ、シカゴらしく、ビジネストラベラーも考慮した造りになっています。

From: Tablet Magazine