ビットコイン

uniuni

マウントゴックスが再生法を申請した日に、シンガポールのATMでビットコインを買ってみる

シンガポールとビットコインの関係では世界初のものがあります。それは金融先進国シンガポールの税務当局(IRAS: The Inland Revenue Authority of Singapore)が税の指針を出したということです。正確には「ビットコインを例とする仮想通貨」が包括して対象になっています。
David Malan via Getty Images

ビットコインは「過去」と決別できるか

米ニューヨーク・マンハッタンの金融街で毎週開かれる、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引セッション。27日に行われたセッションでは、ビットコイン界の大物とされる人物が逮捕されたことが大きな話題となっていた。米当局は26日、ビットコインの普及促進団体「ビットコイン・ファンデーション」のチャーリー・シュレム副会長(24)を逮捕し、マネーロンダリング(資金洗浄)などに関わったとして翌27日に訴追した。同氏は逮捕後、団体の副会長を辞任した。
Flickr

ビットコイン、最近の価格安定は成熟の証なのか?

まるで酔っぱらいのように崩壊と回復を繰り返した2013年のビットコインは、マスコミに無限のネタを提供し、存在を大衆に知らしめると共に、それを支えるネットワークは一歩ずつ成熟しつつある。1日に50%も損したり儲かったりする資産は投機の道具として扱うほかなく、中でもこれは驚くほどリスキーだ。
Bloomberg via Getty Images

ビットコインは「通貨」なのか?

ビットコインという電子マネーをご存知だろうか。ビットコインとは、ネット上で取引される「仮想通貨」の一つである。ビットコインは銀行などを介さないので決済手数料が非常に安く、ピアツーピア(P2P。接続されたコンピューターが専用のサーバーを介さないで直接コミュニケーションがとれるネットワーク形態)で取引でき、獲得したビットコインはデジタルウォレットに貯蓄することができる。ただし、通常取引されるドルや円といった通貨と違って政府や中央銀行、現物資産などの裏付けがない。
Bloomberg via Getty Images

ビットコイン"バブル"を表した驚異的な1枚のグラフ

ビットコインの話題が止まらない。26日には、一時950ドルという高値を付けて、いよいよテック界や金融界等の一部が注目していたレベルを超えて、多くの人がこの新たな仮想コインの話題を耳にすることが増えてきたようだ。そんな中、当然のことながら多くの人が興味を持っているのはたった1つの質問だ。それは「ビットコインはバブルなのか?」というものだ。