Blue Bottle Coffee

Instagram / bluebottle

「ブルーボトルコーヒー」が東京・清澄白河にオープン 店の前には大行列

スタバにつぐブームになるか――。ゆったりとコーヒーを楽しむことを主眼に置いた、アメリカのコーヒーチェーン「ブルーボトルコーヒー」が2月6日、東京・江東区の清澄白河にオープンした。施設の大部分は、コーヒー豆を焙煎する施設で占められており、店内の座席は少ない。オープンを迎え、いち早く楽しみたいと駆けつけた人で店の前が埋め尽くされている。
sirabee

話題沸騰の「ブルーボトルコーヒー」、日本進出の地になぜ清澄白河を選んだのか

ここ数年、「サードウェーブコーヒー」という言葉を耳にします。なにやら厳かな名前がついておりますが、要約すれば「もっとうまいコーヒーを飲もうじゃないか」という、シンプルで人間らしい現象だと言えます。さて、その「波」のはじまりは、サンフランシスコの小さなガレージに創られた、ひとつの小さなコーヒーショップでした。