復興

医学部の新設の必要性と法科大学院の事例

国民の教育の質を向上させるという意味で、大学数を増やすという政策そのものは間違っていませんが、大学の数を増やし過ぎたがために、どうなっているかは皆、いろいろ思うところがあるのではないでしょうか。
WORK FOR 東北

被災地で働いてみたい人へ

復興庁は10月4日、被災地への人材の派遣を促進する「WORK FOR 東北(復興人材プラットフォーム構築事業)」の取組開始を発表した。被災地が必要とする人材を、企業等から現地に派遣することを目的とした取組みで、人材やニーズに関する情報の集約やマッチングなどを行う。
Reuters

「復興法人税の前倒し廃止」が目玉?現在行われている経済政策の議論とは?

政府が経済政策の目玉として発表するといわれている「復興法人税の前倒し廃止」について、与党内で議論が割れている。公明党は、賃金引き上げの確約が得られない企業優遇策と反対しており、今後の議論の行方が注目される。現在、経済政策については複数の議論が行われている。それぞれの議論が根本で絡み合い、相互に影響を及ぼす状況だ。議論の内容を整理して紹介する。
時事通信社

高市氏の「原発事故によって死者出ていない」に収まらぬ批判

自民党の高市早苗政調会長が、「原発事故によって死者が出ている状況ではない」と発言したことに対し、与野党や被災地から怒りの声が噴出している。高市氏自身は発言の翌日、記者団に対して「被曝(ひばく)が直接の原因で亡くなった方はいないが、安全基準は最高レベルを保たなければいけないと伝えたかった」と釈明したが、被災地の怒りは収まりそうにない…