Iphone6

apple

iPhone6のかっこ悪いポイントと特許との関連について

Phone6のカメラ回りのデザインがかっこ悪いということで、一部のユーザーから批判の声が出ています(たとえば、ZDNetの記事 )。筐体を薄型にしたために、カメラのレンズがちょっとだけ飛び出しているのがあまりにもダサイということです。確かに、「美は細部に宿る」という観点から言うと、ちょっとAppleらしくないというか、最近のスマホらしくないデザイン上の妥協だと思います。
Bloomberg via Getty Images

見えてきた、そら恐ろしくもあるアップルの新たな野望

新製品の発表で、人びとの注目を集めることが飛び抜けて上手なアップルですが、さすがに今回の、iPhone6やAppleWatchは事前におびただしいリーク情報が流れていたために、かつてほどのサプライズはなかったものの、アップルの今後の進路を垣間見る布石は十分に感じ取ることができたと思います。Phone6は、ようやく、これまでハンディとなっていた画面サイズを広げたので、アップルがおそらくもっとも恐れているユーザー流出の歯止めにはなるでしょうが、それぐらいしか印象はありません。
Reuters

iPhone 6への期待でApple株が上昇

[23日 ロイター] - 23日の米株式市場で、アップルの株価が一時3%超上昇した。第3・四半期の粗利益率が上昇したことを受け、年内に発売が予定されている新型「iPhone(アイフォーン)」の価格を維持できるとの期待が高まった。 前日発表した第3・四半期(4─6月)決算では、粗利益率が39.4%と、前年同期の36.9%から上昇。7━9月期は37─38%の伸びになるとの見通しを示
Reuters

【iPhone6】アップル、業者に最大8000万台の生産要請

米アップルは部品サプライヤーに対し、大型ディスプレイのiPhone(アイフォーン)新型機種を7000万―8000万台生産するよう要請した。iPhoneの初期出荷分としては過去最高となる見通しだ。 21日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が複数の関係者の話として報じた。
Chris McGrath via Getty Images

iPhone 6、来月から生産? ブルームバーグが報道

[23日 ロイター] - ブルームバーグは関係筋の話として、米アップルのサプライヤーが、画面サイズの大きい「iPhone(アイフォーン)」を来月から中国で生産すると伝えた。 アップルは画面が4.7インチと5.5インチのiPhone生産に向けて準備を進めており、9月頃に出荷される可能性もあるという。 アップルのコメントは今のところ得られていない。