IPHONE6

apple

iPhone6のかっこ悪いポイントと特許との関連について

Phone6のカメラ回りのデザインがかっこ悪いということで、一部のユーザーから批判の声が出ています(たとえば、ZDNetの記事 )。筐体を薄型にしたために、カメラのレンズがちょっとだけ飛び出しているのがあまりにもダサイということです。確かに、「美は細部に宿る」という観点から言うと、ちょっとAppleらしくないというか、最近のスマホらしくないデザイン上の妥協だと思います。
Bloomberg via Getty Images

見えてきた、そら恐ろしくもあるアップルの新たな野望

新製品の発表で、人びとの注目を集めることが飛び抜けて上手なアップルですが、さすがに今回の、iPhone6やAppleWatchは事前におびただしいリーク情報が流れていたために、かつてほどのサプライズはなかったものの、アップルの今後の進路を垣間見る布石は十分に感じ取ることができたと思います。Phone6は、ようやく、これまでハンディとなっていた画面サイズを広げたので、アップルがおそらくもっとも恐れているユーザー流出の歯止めにはなるでしょうが、それぐらいしか印象はありません。