カジノ

時事通信社

バドミントン選手のカジノ賭博、新たに6人の関与を公表

バドミントン日本代表の桃田賢斗選手(21)と2012年ロンドンオリンピック代表の田児賢一選手(26)が違法カジノ店での賭博行為をしていた問題で、2人が所属するNTT東日本は4月8日に会見を開き、賭博に関する社内調査の結果を公表。両選手のほかにも、現役の男子選手4人と元選手2人が田児選手とともに違法カジノ店を訪れ、賭博行為をしていたことを明らかにした。