入学式

photo by pakutaso.com

高校教諭が入学式欠席、コメントまとめ 教育長は「基本的に出席すべき」

埼玉県の高校教師が勤務先の入学式を欠席して、自分の子どもの入学式に出席していた問題で、埼玉県の関根郁夫県教育長は4月14日の定例会見で「入学式は、基本的に教諭は出席すべき」と述べた、休暇届については「受理するのは校長の判断。一律にこうしろといえるものではない」と述べ、処分は考えていないことを明らかにした。
photo by pakutaso.com

高校教諭が「息子の入学式出席のため」に勤務先を欠席するのは許されるか

埼玉県西部の県立高校で、50代の女性教諭が長男が通う別の高校の入学式に出席するため、4月8日に行われた、自身が担任を務める1年生の入学式を欠席していたことがわかった。県内の県立高校では、ほかに男女3人の担任教諭が子どもの入学式に出席するため休暇届を提出し、勤務先の入学式を欠席していたという。