Open A

Getty

地域の街づくりの資金を住民らから徴収する制度を、大阪市が日本で初めて条例化

地域の街づくりの資金を、自治体が地権者や住民らから徴収する制度を、大阪市が全国で初めて導入することを朝日新聞が報じています。これはアメリカで普及している地域活性化の手法で、安定的に財源を確保して民間主導の街づくりを後押しする狙いとなっています。