BLOG

「ベンチャーはいつも人材難」- ロケット開発の現場より(2)

2013年05月21日 17時32分 JST | 更新 2013年07月20日 18時12分 JST

今週もインタステラテクノロジーズは地味に研究開発を続けています。

->さて何をつくってるのでしょーか。

->意外と古い文献も役に立つのです。

->あのお洒落本屋さんの片隅で半田付けは微妙かもです。。。

->ベンチャーはいつも人材難。

->いやあ、牧野さんはそんな事しないで開発に専念してくださいよー。。。

->たまに、いやよくふざけています。。。

->数年前から企んでいた。。。

->僕はあんまり団体活動得意じゃないのでお願いします。

->ええとロケット団メンバーでもあり、「メーヴェのようなもの」を開発しているメディアアーティストの八谷さんのお手伝いで航空局とかの訪問。将来我々も色々お世話になるので練習。

->なんというか、役所主導でやるとこうなってしまうのですよねぇ。。。MHIの宇宙部門の人達は結構ヤキモキしているようでもあります。

というわけで、今週は場所を借りている植松電機さんところで北海道大学の永田先生の所が1tf級のハイブリッドロケットエンジンの燃焼試験に成功したらしく、負けてはいられないかなーという感じで終わりたいと思います。