BLOG

ミハエル・シューマッハのスキー中の転倒事故に絡めてGoProのマウントの安全性を疑問視する声アリ

2014年10月13日 23時32分 JST | 更新 2014年10月13日 23時32分 JST

今日、ゴープロ(ティッカーシンボル:GPRO)が暴落しています。この記事はその背景の説明です。

2013年12月にF1レーサー、ミハエル・シューマッハがフランスのスキー場で事故に遭い、頭部を負傷しました。

この件に関し「ペタピクセル」が「脳損傷の原因はGoProのヘルメットカムにある」とする説を紹介しています

それによるとフランスのスキー・アカデミーENSAがヘルメットが岩に衝突した際、岩とヘルメットの間にGoProがあったことでヘルメットの耐性を損ねた可能性を調べているそうです。

この記事を読んだ限りではGoProとシューマッハの負傷との因果関係は不明瞭です。しかしGoProがエクストリーム・スポーツで使用される以上、この他にもいろいろなアクシデントがこれまでに起こってきた可能性は否定できません。

それを全てGoProのせいにするのはナンセンスでしょうが、「GoProでスンゲー動画を撮りたい!」という一心から、むこうみずなコトを試す人が続出しているのは想像に難くありません。

大事なクリスマス商戦を前に、ネガティブ・パブリシティや、消費者の側での「冷め」を心配する必要が出てきました。

2014-10-14-c8ca7e00s.png

(2014年10月13日「Market Hack」より転載)