山田太雲
山田太雲さんの最新投稿情報を受け取る
 

山田太雲さんによる記事一覧

軍事介入ではなく和平交渉を: 中東市民が米ロ大統領に送った書簡

(4) コメント | 投稿日 2013年09月06日 | 15時36分

9月5日から始まっているG20サミットを前に、シリアを含む中東19カ国に本部を持つ270近くの市民社会組織(CSO:NGOを始めとした、社会問題に取り組む非営利・非政府組織)が、G20議長であるロシアのウラジーミル・プーチン大統領と、シリアへの軍事介入を主張するアメリカのバラク・オバマ大統領宛に共同書簡を送った(日本の安倍晋三総理大臣など、他のG20首脳にも送られている)。

記事を見る

G20 租税問題でリーダーシップを発揮せよ

(0) コメント | 投稿日 2013年09月06日 | 12時54分

経済危機によるドナー国の財政事情から、開発援助の世界総額も過去15年で初めての減額傾向に入っており、毎日、世界人口の8人に一人が空腹のまま寝床に就き、それよりもさらに多くの人々が極端に貧しい暮らしを強いられている。このサミットでG20の首脳たちが手にしているのは、これらの人々に対し、「これ以上、最も儲けを上げている企業が納税という社会的責任から逃れることを許さない」という、世界の指導者として重要なメッセージを発信する機会なのだ。

記事を見る

G8サミット閉幕: 重い問題に軽い回答

(2) コメント | 投稿日 2013年06月19日 | 11時02分

今回のサミットを総括すると、目下人類が直面する、大変重要で普遍的なテーマを議題に選び、先進国だけでなく途上国にも利益をもたらす対策を提示するとした意気込みは、大胆かつ適切であったと評価できる。しかし、それらが投げかける問いの重さに比べ、今回G8が示した回答は、軽くて不十分なものに留まったと言わざるを得ない。

記事を見る

斜陽のG8:人類が直面する問題の克服に向け、指導力を発揮できるか

(4) コメント | 投稿日 2013年06月17日 | 17時44分

G8の議長国イギリスのデービッド・キャメロン首相はこのサミットの趣旨について、早い段階から「自らの身を正すサミットだ」とし、特に税・貿易・透明性からなる「3T(Tax, Trade and Transparency)」を主要議題にすると発表している。

記事を見る