BLOG

空の旅を思いながらカフェタイムを楽しもう!

2015年08月20日 23時08分 JST | 更新 2016年08月16日 18時12分 JST

飛行機のりたいなあ。一時期ブームとなった「空美ちゃん」ならずとも、旅好きならばむやみに飛行機を見たい気分になることがあると思います。でも空港は飽きた。乗って出かけるお金も時間もない。そんなあなたにぴったりな、飛行機にどっぷりつかれるカフェがあることをご存知でしょうか?

今回のタビィコムは、飛行機好きの間では定番の、おすすめカフェを二箇所ご紹介します!

いまや定番の穴場?「ブルーコーナーUC店」


2015-08-08-1439005222-9638717-taviicom_20150808_asdfasdfas_4.jpg

深夜番組としてはカリスマ的人気を誇る長寿番組「タモリ倶楽部」で過去2回も紹介されている、知る人ぞ知る飛行機の絶景が楽しめるカフェこそがこの、「ブルーコーナーUC(ユーティリティーセンター)店」です。番組を見ている人には覚えがあるかもしれませんが、見ていない人にはかなり大きな穴場情報になる、そのくらい羽田空港の滑走路が思い切り楽しめる場所なのです。

2015-08-08-1439005245-154576-taviicom_20150808_asdfasdfas_5.jpg

こちら、東京モノレール「整備場駅」に本店が、「新整備場駅」にUC店を構える喫茶店で、主に整備上で働くエンジニアさんたちが集うお店。UC店が羽田空港A滑走路のすぐ脇にあって、さらに店舗が2回にあるため、滑走路を飛行機が離着陸する様子が目前で見渡せるのです。しかも羽田空港は今や成田空港から日本の玄関を奪い取ろうかという、日本有数の大型空港です。離着陸する飛行機の数も半端ではありません。

羽田空港にはAからDまでの4つの滑走路があり、その時の風向きによってどの滑走路で離陸・着陸するかが決まります。A滑走路の場合、北風が吹くと着陸用、南風が吹くと離陸用となるので、風向きに恵まれれば一日のうち離陸と着陸両方を観察することができます。そんな豆知識も噛み締めながら、エンジニアさんに混じってジェットエンジンの音を楽しむ。このなんとも通好みなカフェ、飛行機をこれ以上楽しめる場所はない!と、断言しておきます。

ブルーコーナーUC店

東京都大田区羽田空港3-5-10 ユーティリティーセンタービル2F

東京モノレール線「新整備場」駅下車

おしゃれ飛行機カフェといえばここ「hana-cafe」


プロペラカフェが飛び立つ飛行機を独り占めできることで有名なら、こちら「hana-cafe」はエアライングッズを思い切り堪能できるカフェとして飛行機好きの間で知られています。

15年間ドイツで航空会社に勤務していたオーナーが、子供の頃から集めた大量のエアライングッズを店内に展示し、BGMには空港アナウンスや飛行機の音が。まるでちょっとした博物館に来ているような気持ちになります。

2015-08-08-1439005269-5503011-taviicom_20150808_asdfasdfas_1.jpg

メニューも当然、コンセプトはエアライン。一番人気はラテアートで飛行機を描いた「ヒコーキラテ」!オーナーの飛行機に対する愛情が、ラテの上のかわいらしい飛行機から溢れてくるようです。

2015-08-08-1439005290-9354103-taviicom_20150808_asdfasdfas_2.jpg

フードメニューは機内食風だったり、水の入ったコップもエアラインのものだったりと、オーナーのこだわりは尽きるところがありません。世界中のエアライングッズに囲まれているだけで、自分が世界旅行をしたような気持ちになれる。そんなカフェは、日本中探してもここにしかないかもしれません。

2015-08-08-1439005311-4865346-taviicom_20150808_asdfasdfas_3.jpg

hana-cafe

https://www.facebook.com/hanecafe

東京都江東区三好1-8-4 ストーク清澄庭園102

都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」 徒歩2分

***

いかがでしたか?

清澄白河は「コーヒー界のApple」とも呼ばれるアメリカの人気コーヒー店「ブルーボトル」が初上陸した地としても有名です。個性派カフェブームの中心地にあるhana-cafeを訪れる際には、周辺のカフェを巡る小さな旅を計画してみるのもおすすめです。

(タビィコム編集部)