BLOG

これってマナー違反?「墓マイラー」の心得9か条

2015年07月01日 00時33分 JST | 更新 2016年06月28日 18時12分 JST

2010年頃から根強い人気を保つ有名人のお墓巡り。通称「墓マイラー」は江戸時代から続く風雅な趣味である「掃苔」を現代に蘇らせたとして注目を集めています。特に青山、谷中、染井、雑司が谷、多摩の5大公営霊園は広大な公園のように美しく、メインの通りは付近の住人が犬を散歩させたりランニングコースにしたりと、散策するだけで楽しいものです。しかし趣味とはいえ純然たる「お墓参り」ですから、守らなければならないマナーもあります。

そこで今週のタビィコムは、掃苔歴20年の筆者による、墓マイラーの守るべきたしなみ9か条をご紹介します。

2015-06-22-1434957385-730089-taviicom_20150622_asdfasdfas_1_16809876308_decc2d09c6_b.jpg

Photo by ai3310x

●公営墓地以外のお墓に長居はしない

お花見スポットとしても有名な公営墓地であれば隅々まで散策することもいいですが、寺社所有の墓地は小さく、本来は住職や檀家さん、ご家族のみが立ち入るような規模のものも。

場所にあった振る舞いを心がけ、プライベート性の高い墓所にはあまり長居しないことをおすすめします。

●まずはご本尊にお参りを

寺社所有の墓所であれば、お寺の敷地内に入るわけですから、当然お寺へのお参りもするべきです。まずはご本尊に手を合わせてから墓所に入りましょう。

●お花や果物などのお供物を置いてこない

墓マイラーの必須アイテムとして、お線香とともにお花を挙げる例もよく目にしますが、お花はやがて枯れ、ご遺族など誰かが掃除することになります。動物の餌となったり腐敗したりで掃除に負担のかかる食べ物だけでなく、お花も持ち込まないようにしましょう。

2015-06-22-1434957427-9018478-taviicom_20150622_asdfasdfas_2_3594190751_b038d8445a_b.jpg

photo by contraption

●捧げるなら宗派を確認した上で、少量のお線香を

寺社所有以外の、公営霊園や民間の霊園の場合は、仏教以外の宗教を信仰する方や無宗教の方であってもお墓を持つことができます。無宗教のお墓でも仏式のお線香を手向けることもありますが、そこには故人やご遺族の意志があるのですから、可能なかぎりお線香を手向けても構わないか確認しましょう。

仮にお線香を手向ける場合でもごく少量を。灰で墓所を汚すことがないよう気をつけてください。

●大人数でいかない。できればひとりで。

同じ趣味を持つ者同士、連れ立ってお墓を巡るのは楽しいでしょう。しかし、あくまでお墓参りです。友人と目指すお墓を見つけてつい話に花を咲かせ、騒いでしまうこともあるかもしれません。

ひとりでお墓を前にし、静かに故人と向き合ってこその「掃苔」です。心を研ぎ澄まし、お骨であってもゆっくりと対話をするには、ひとりで行くほうがより適しています。

大人数で行く場合は、話し声の大きさには注意しましょう。

●目立つゴミがあれば拾う程度にし、お墓を洗ったり、本格的に掃除をしたりはしない

お墓には、墓守の方やご遺族、檀家の方など、本来そこを管理される方がおられます。墓マイラーのすすめと称されるもののなかには文字通り「掃苔(お墓を掃除すること)」を推奨するものもありますが、お墓というものはプライベートな空間です。よそのお宅に初めてお邪魔して確認もせず家の中を散策することはまずないのと同じく、本格的な掃除をするのは立ち入りすぎです。

2015-06-22-1434957472-6341051-taviicom_20150622_asdfasdfas_3_8300935052_7ff878b831_b.jpg

Photo by M1key.me

●仮に小さな石であっても墓所にあるものを持ち帰らない

お墓はプライベートな場所であると同時に神聖な場所でもあります。

ばちあたりなことは慎みましょう。

物によっては窃盗罪にあたります。

●ご遺族の気持ちに最大限配慮する

亡くなってから長い時間が経過している歴史上の人物なら別ですが、遺族がご存命のお墓では、公開はされていても参拝を負担に思っているご遺族がいる可能性に配慮しましょう。過去に有名な芸能人のお墓に参拝するファンが集まりすぎて、ご遺族がお墓の掃除に苦慮したという話もあります。

亡くなった有名人だけでなく、そこには生きている人々がたくさんつながっていることを忘れないようにしましょう。

●手を合わせ、お祈りする

写真を撮るより、メモを撮るより、眺めるよりまず先にしなければならないことです。故人に敬意を表するため、心から手を合わせましょう。

2015-06-22-1434957506-5101151-taviicom_20150622_asdfasdfas_4_15114400765_59c686120b_b.jpg

Photo by macaronited

******

お墓は本来プライベートな場所。ご遺族にとっては家の延長のようなものです。そして遥か昔にお骨になった方であっても人としての尊厳を持っていることに変わりはありません。

自分の親しい家族のお墓に知らない他人が立ち入ったと思って、最大限の配慮を忘れないようにしましょう。

最後に、筆者おすすめの「東京お墓巡りコース」を。

都電荒川線「庚申塚」停留所からスタート

 ↓

妙行寺 お岩さんのお墓

 ↓

崇禅寺 手塚治虫のお墓(現在非公開)

 ↓

本妙寺 遠山金四郎(遠山の金さん)のお墓、振袖大火供養塔

 ↓

慈眼寺 芥川龍之介、谷川純一郎の墓

 ↓

染井霊園 二葉亭四迷、高村光太郎夫妻、岡倉天心、水戸徳川家等々のお墓

 ↓

巣鴨でゴール

都電荒川線でのアクセスから情緒があるのです。

この界隈には他にも有名人のお墓がたくさんあるため、何度通ってもすばらしい。特に桜の時期は、染井霊園のソメイヨシノが見事です。

(松下祥子)