Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

タビィコム Headshot

意外とレア!福岡で腹いっぱい明太子を食べられるスポット

投稿日: 更新:
印刷

「福岡に行くんだけど、明太子が食べられるオススメの店ってある?」
福岡出身の筆者はそんな質問を受けることがよくあります。でも実は、外で明太子を食べられるところというのがほとんどないのです。飲み屋やラーメン屋でサイドメニューとして出すところはありますが、家で食べるのが基本の明太子を外食できるところというと、返答に困ってしまうのです。
しかし!最近ついに、明太料理専門店ができて福岡で人気を集めているというのです。今回のタビィコムは、福岡初の明太料理専門店「元祖博多めんたい重」で明太子をがっつり食べてきたレポートをお届けします。

2014-09-09-taviicom_20140909_asdfasd_1.JPG

中洲の端っこにどーんと現れたウッディーな立方体。ひときわ目を引く建物です。博多コテコテの明太子にはちょっと、おしゃれすぎるような...??

2014-09-09-taviicom_20140909_asdfasd_2.JPG

店内に入ると一階の販売エリアにずらりと有名人の色紙がならんでいて、ひときわ目立つところに「美男<イケメン>ですね」のチャン・グンソクのサインが。すでに福岡を代表する店です。

2014-09-09-taviicom_20140909_asdfasd_3.JPG

様々なセットやコースがあるなか、注文したのはシンプルに「めんたい重」の大。白い陶器のお重に入って出てきたそれは、やたら高級感があってテンションがあがります。さて、肝心の明太子はどんな形で入っているのでしょうか?こだわりの一本乗せ?もしくはほぐしで一面に??

2014-09-09-taviicom_20140909_asdfasd_4.JPG

一本乗せでした!しかし食べやすく切り目が入っているせいか迫力は薄め。昆布巻きであったり、刻んだしそにゴマがふりかけてあったり、いわゆる明太子を見慣れた身としては品が良くてまるで別の食べ物のようです。

お味の方は塩分と辛さがかなり抑えてあって、普通の明太子からは比べ物にならないくらいマイルド。甘みタレと海苔ご飯に合わせると、するする口に入ってしまいます。福岡っ子でも初体験の味。普通の明太子を一本一気に食べるのは至難の業ですが、これなら美味しくいただけました。

旅行者の皆さんの期待にこたえる明太子料理専門店。ちょっとお高いですが、ラーメンと梯子すれば舌で福岡を満喫できることうけあいです。夏休みに是非トライしてみてはどうでしょう?

http://www.mentaiju.co.jp/index2.html

(写真・文 松下祥子)

他のサイトの関連記事

福岡・博多の観光案内サイト よかなび

福岡空港

福岡市 ホームページ

福岡県庁ホームページ トップページ