Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

タビィコム Headshot

「この世の楽園」霧島の絶景宿と故・忌野清志郎の縁

投稿日: 更新:
DEFAULT
天空の森
印刷

「この世の天国みたいなところだったよ」
先日友人が興奮して私に伝えた言葉は、鹿児島・霧島温泉の宿「天空の森」へ宿泊したという、羨ましすぎる体験への感想でした。2007年にANAのCMで話題を集めたのをご記憶の方もいるのではないでしょうか?
日本最高のリゾート、ビョークやマーガレット・ハウエル、渡辺謙など世界中のセレブに愛されているなど様々な逸話がありますが、そんな「天空の森」スタッフが今でも大切に守っているのは、故・忌野清志郎さんとの友情なのだそうです。
今回は「天空の森」の魅力と、忌野清志郎さんとの逸話をご紹介したいと思います。

2014-07-15-taviicom_20140715_a_141.png

http://tenkunomori.net/room01.html
(C) 天空の森公式サイト

●1泊20万の理想郷
「天空の森」と同等もしくはそれ以上の宿泊料をとる宿はたくさんありますが、他とは全く違う特徴があります。それは「霧島の大自然を体中で感じられる」というところです。
東京ドーム13個分、18万坪の敷地はすべて、社長の田島健夫氏とスタッフが少しずつ手作業で開墾していったもの。空間への愛情と手間のかけ方は他に類を見ないものです。「天空の森」は、田島氏が描く理想郷そのものでなのです。
18万坪の敷地にプライベートヴィラがたった5棟(宿泊用3棟、日帰り用2棟)という贅沢すぎる配置も、三方に視界が開けている部屋で一日裸で過ごせるくらい、自然だけを感じていられるようにとの配慮からなのです。そこにあるのは、自分と風や樹々、鳥の声だけ。しかも周りを取り囲む自然は、完璧に美しい状態に手入れされているのです。手付かずの森のように見えて、四季折々最高に美しい状態を見せられるように、植栽の植え替えまでされているとか。「この世で最高に贅沢な空間」と世界の著名人が魅了されるのも無理はありません。

●「プーアの森」の約束
「温泉界のレジェンド」として1980年代から異彩を放っていた田島社長は、団体客メインだった時代に「部屋付き露天風呂の古民家ヴィラ」に宿泊する旅館をオープンさせて、今に続く高級温泉の形態を作った鬼才。食器や箸に山から出る竹材を使ったり、地産地消の料理を出すようにしたりと、「自然との共生」というテーマもこの頃から宿作りにおいて意識されてきました。
そんな田島社長が、オンリーワンの宿を作ろうとして町有地の荒れた山3万坪を購入したのが1992年。その頃すでに忌野清志郎さんの友情は深く、93年の清志郎さんの著書には「RCミーハーの温泉主人」として登場するほどでした。
そして「天空の森」と名付けられた山に手を入れ始めてから8年後、東京から自転車ツアーで忌野清志郎さんがやってくることになり、ゴールをどこにするかと考えたときに出てきたのが、天空の森の露天風呂でした。といってもその時天空の森にはひとつの露天風呂もなく、そこから一週間の突貫工事で作ったのだとか。無事たどり着いた清志郎さんがウェアのままダイブした露天風呂は、天空の森が宿泊型リゾートへと進化していく第一歩となったのです。その後も毎年夏には清志郎さんは天空の森でプライベートミニライブを開催し、この地と強く結びついていくことになります。
2008年5月、惜しくも清志郎さんがガンで帰らぬ人となったとき、田島氏は二人の約束を果たすため、清志郎さんの絵本の舞台である「プーアの森」を作り始めました。今でも5月になると、清志郎さんをイメージした白い花木に植栽を入れ替えるそうです。
今、「プーアの森」には水辺に小さなツリーハウスが建っています。そこにいけば、屈託のない笑顔とクールな音楽が日本中のロックファンに愛された清志郎さんに再び出会えるかもしれません。

●「最上級」へと進化を続ける森
「天空の森」は当然"九州最高の贅沢な空間"が味わえる場所なのですが、最近話題の"九州最高の贅沢"といえば、「クルーズトレインななつ星」。この「天空の森」は、ななつ星の3泊4日クルーズの宿に指定されていて、なかでも最高級ヴィラ「天空」に泊まるためのコースは2名1室70万円!3泊4日に1人70万円は庶民には高嶺の花すぎますが、このコース、ななつ星でも最高級の「車輌最後尾全面が窓になっているスイートルーム」に泊まれるという豪華極まりないもの。1室しかないコースなので、高額ながら予約殺到で乗るのは至難の業なのだとか。そう言われるとすごく乗ってみたくなる......。
お金だけでなく運もないとできない最高の旅、死ぬまでに一度でも行けたらいいなあなんて夢想しつつ、頭を冷やして地に足の着いた現実的な旅プランを考えることにします。みなさんも、よい旅を。

2014-07-15-taviicom_20140715_a_142.png

http://tenkunomori.net/season04.html
(C) 天空の森公式サイト

●天空の森
http://tenkunomori.net/
●クルーズトレインななつ星 in 九州
https://www.cruisetrain-sevenstars.jp/index.html

(松下祥子)

他のサイトの関連記事

最新の防水デジカメと一緒に、常夏の楽園へ家族旅行!

べらぼーな値段、楽園を守る(笑ってる場合かヒゲ 水曜どうでしょう的思考)

第2回 実はゾウの楽園だった日本列島

熱帯魚の飼育が楽しめるバーチャルアクアリウムアプリ「熱帯楽園」