BLOG

ここなら住める!「チャンギ国際空港」という名の街へ繰り出そう

2014年06月02日 17時04分 JST | 更新 2014年08月01日 18時12分 JST

2014-06-01-header.jpg

いま世界で最も注目を集める空港といえば?そう、旅行好き垂涎の空港「チャンギ国際空港」です。シンガポールという小国にありながら、空港の大きさと施設の充実っぷりはとにかくすごいの一言。エアポート・オブ・ザ・イヤーランキングでは2年連続でベストエアポートの称号を獲得、2014年現在450という世界一の受賞歴を誇るこの空港を、シンガポーリアンは「ひとつの街」だと言います。

今週のタビィコムは、そんな「チャンギ国際空港」の内側(出国ラウンジ)と外側(パブリックエリア)を存分にご紹介します!

鯉!花!鯉!(出国ラウンジ)

2014-06-01-1.JPG

ターミナル2オーキッドガーデン。鯉!

2014-06-01-2.JPG

同じくターミナル2エンチャンテッド(魅惑の)ガーデン。やっぱり鯉!

2014-06-01-3.JPG


エンチャンテッドガーデン。魅惑を表す(?)不思議なモニュメントが。観光客にも大人気。

何が狙いなのか、チャンギ空港のなかにはテーマ別のガーデンがいくつもあります。ひまわりから蘭、サボテンまで、様々なテーマの小さな植物園が作られていて、隙あらば池を作って鯉を泳がせる。どうしてそんなに鯉が好きなのか?ターミナル3には、鯉だけでなく蝶もいます。それも1000匹も。だんだん空港内に人工的な自然が溢れていることになんの疑問も抱かなくなってきます。ちなみにターミナル1には、鯉の池のかわりに人用プールがあります。

無料で映画!(出国ラウンジ)

2014-06-01-4.JPG

ゲーム!

2014-06-01-5.JPG

映画!

ターミナル2にあるエンターテイメントデッキでは、無料でXBOX KINECT、XBOX360、PLAYSTATION3で遊べるだけでなく、無料で映画が観られるシアターがあるのです。筆者が覗いた時にはハリソン・フォードの「6デイズ/7ナイツ」をやってました。難点は、当然ながら日本語字幕がないことです。華僑の国なので中国語字幕はあるのですが。

※ムービーシアターはターミナル3にもあります。

無料でスポーツ観戦!(出国ラウンジ)

2014-06-01-6.JPG

ターミナル2ある「Xperience Zone」は、ソファーに座って大画面でスポーツ観戦ができたり、スピーカー内蔵ブースに座ってテレビが観られたり、プリクラ的な写真のついたシンガポールのeカードが作れたりするという、統一感があるようなないようなサービスがある近未来な暇つぶしスペース。大画面がほんとにでかいので、サッカーの試合なんかが観られたら楽しそうです。

卵もトイレットペーパーも買えちゃう!(パブリックエリア)

2014-06-01-ch7.jpg

大手チェーン店「フェアプライス」の上位ブランド「ファイネスト」。

2014-06-01-ch8.jpg

ターミナル3の地下2階にはショッピングモールがあります。ここは地元っ子に大人気で、飛行機に乗らないのに空港に来た人の大半はここにやってきます。一般的なモールにあるようなお店がひしめいていて、当然ながらそこにはスーパーマーケットも。路面店と同じく生鮮食品も扱っていますが、トイレットペーパーの隣にトランクが売っているのはさすが空港のスーパーと言う感じ。

学びの場としての展望デッキ!(パブリックエリア)

2014-06-01-ch9.jpg

ターミナル3のチャンギアビエーションギャラリー。この写真を撮った瞬間、チャンギ空港には4万6千人超の旅客がいました。外でブラブラしてる人は含まずに、ですよ!

2014-06-01-ch10.JPG

出国ラウンジにもパブリックエリアにも、あちこちにこの「浮き出す塗り絵」を作るコーナーが。深夜便が多く出る時間帯には、眠気飛ばしの子供が群がっています。

チャンギ空港に遊びに来る子どもたちに人気なのが、ターミナル3にある「チャンギアビエーション(航空)ギャラリー」という名の展望デッキ。といっても屋内なので飛行機はガラス越しにしか見られないのですが、そのかわりにチャンギ空港の雑学やシンガポール国内の空港の歴史などが色々学べる展示があります。週末には校外学習の子どもたちが来たり、展示をアスレチックがわりにしてはしゃぎ回る子どもたちがいたり。憩いの場です。

本格的な遊具があるインドアプレイグラウンドも、有料施設が二箇所あります。そちらとハシゴする子供も多いようです。

時間つぶしにシンガポール観光!?(出国ラウンジより)

乗り継ぎで時間が長く時間が空いた人だけが使える嬉しいサービスもあります。乗り継ぎに5時間以上かかる場合、なんと2時間のシンガポール観光ツアーに無料で参加できてしまうのです!種類はヘリテージツアー(1日5回)と夜景ツアー(1日1回)の2種類。もし時間つぶしに困った場合は、迷わずインフォメーションデスクへ走りましょう!

Free Singapore Tour

http://www.changiairport.com/at-changi/leisure-indulgences/free-singapore-tour

世界一長い「空港内すべり台」!(パブリックエリア)

2014-06-01-ch11.jpg

そしてこの空港を代表する、無意味に「すごい」代物といえばこれ、空港内にあるものでは世界一高い滑り台「THE SLIDE@T3」。長いものと短いものの2種類があり、長い方は高さ12メートルからの滑降!なかなかの迫力です。しかしこれ、入り口と出口にある回転ドアがちょっと危ないのです。大人がよく見ていてやらないと小さい子は挟まれる可能性が。お子さんが挑戦されるときは十分注意してください。

出国ラウンジには空港内ホテル、クリニック、ジム、スパ、ネイルサロン、フリーインターネット、フリーWi-Fi、携帯電話のフリーチャージ、テレビラウンジ、マッサージ、シャワー、レストエリア、大きなプレイグラウンドなど、他の空港にもあるものは当然ありますが、変わったところではフィッシュセラピーや瞑想室なんかも。様々な宗教やライフスタイルを持つ人にも対応しています。

これからさらにターミナルが増えて、さらに豪華になっていくチャンギ空港で遊ぶために、ご旅行の際はあえてシンガポール乗継便を選んでみてはいかがでしょう?

(写真・文 松下祥子)


GOTRIP!

GOTRIP!は、「思わず明日、旅に行きたくなってしまう!」そんな様々な旅行に関するネタをお届けするメディアです。

10 Cheap Things to Do and See in Singapore