Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

タビィコム Headshot

旅に出る時間がない人は、「図書館」で旅欲を満たしましょう!

投稿日: 更新:
印刷

旅行と飛行機は切ってもきれないもの。スーツケースを持って空港に立つ時のあの高揚感は素晴らしいものです。そして、旅に出ているうちに飛行機そのものを好きになってしまう人もたくさんいます。大空高く飛び私達を知らない土地へと連れて行ってくれる飛行機は、思い描くだけでも胸が熱くなるものです。
今週のタビイコムは、空港の展望デッキから飛行機を眺めるだけでは旅行欲を満たせないあなたに、とっておきの「航空スポット」をご紹介します。

まずは「旅の図書館」へゴー!

知る人ぞ知る旅スポットのひとつめは、東京駅近くにある(公)日本交通公社のなかにある「旅の図書館」です。

2014-07-30-taviicom_20140730_trip_1.jpg

こちらの図書館、様々な観光地で配られているパンフレットを網羅しているのが特徴なのです。旅行者向けだけでなく、現地でだけ配布されているパンフレットや新聞記事など、かなりマニアックな情報まで調べることができます。あまりネットに情報がない場所へ行く時なんか、すごく役に立ちそうです。
もちろん飛行機に関する情報も豊富。機内誌だってここに来れば読めちゃうんです!

マニアも大満足「航空図書館」!

2014-07-30-taviicom_20140730_trip_2.jpg

まだ知らないいろんな場所への妄想を思い切り膨らませた後は、東京駅から新橋へ移動しましょう。次に目指すのはその名もずばり「航空会館」。飛行機好きの血が騒ぎます。

2014-07-30-taviicom_20140730_trip_3.jpg

航空会館についたら6Fを目指します。現れた「航空図書館」はなんだか渋い佇まい。

2014-07-30-taviicom_20140730_trip_4.jpg

航空図書館は、日本唯一の航空専門図書館で、蔵書数も日本屈指のもの。それだけでもマニア垂涎の場所なのですが、写真や模型の展示も侮れません。
こちらは国産飛行機による初飛行に成功した「奈良原式2号機」の写真。1911年5月5日、所沢飛行場で奈良原三次自身の操縦で初飛行をした記念すべき日の一枚です。

2014-07-30-taviicom_20140730_trip_5.jpg

こちら、世界の航空史に名を残した「ジャピー機遭難」に関する展示。
1936年に開催されたパリ・東京間を飛ぶ飛行レースに参加したフランス人飛行士アンドレー・ジャピーが、悪天候により福岡と佐賀の県境にある背振山に衝突したものの、現地の人々の献身的な介護によって奇跡的に一命を取り留めたという事件だったのですが、こういう話は日本人として誇らしい気分になりますね。
写真はジャピー機が実際に辿った航路です。

2014-07-30-taviicom_20140730_trip_6.jpg

こちらジャピー機の尾翼の実物です。これは貴重!

2014-07-30-taviicom_20140730_trip_7.jpg

こちらは歴代国産旅客機の模型です。国産旅客機といえば、敗戦で旅客機の国内生産が禁じられた後に作られた「YS-11」(写真中央)が有名ですが、一番手前に写っている「三菱式MC-20旅客機」なんてマニア心がウズウズします。中島AT-2とともに、戦前・戦中の国産旅客機を代表する名機です。

2014-07-30-taviicom_20140730_trip_8.jpg

最後は航空会館屋上にある「航空神社」へ。ここで高まるだけ高まった「旅立ちたい熱」をクールダウンさせ、早く次の旅行に行けますようにと神に祈りましょう。

::::::::::::
旅欲を満たすどころか思いっきり掻き立ててしまう、旅関係の図書館はそんな魔力を持っていました。次の旅行への意欲を燃やすためにも、是非とも一度足を運んでみてください。

(GOTRIP編集部)

他のサイトの関連記事

旅行者なら必携!シチュエーションや環境に合わせた旅の持ち物8選

人生の節目旅「転職旅行」の経験率は35%、市場規模は「卒業旅行」超え -トリップアドバイザー調査

「充電させて」出川の旅始まる、実家から電動スクーターで日本海へ。

【紫野レイの人生は旅】突然頸椎ヘルニアになりました