BLOG

まるでサイボーグ犬 3Dプリンタで造られた犬用車椅子がすごい(動画)

2015年05月10日 15時47分 JST | 更新 2015年05月10日 15時47分 JST

3d dog

犬用の車いすはいろいろあるけど、どれも不格好で使いづらい。それらの小さな車いすは、布製のベルトなどで障害犬をくくりつけるが、高いし、格好悪いものが多い。しかしここでご紹介する障害犬用のかわいいホイールは、オープンソースで、しかも車輪は犬の大きさに合わせて3Dプリントできる。

この、犬のサイズに合わせられるThe Adaptable Wheelchair For Handicapped Dogs(障害犬用の調整可能な車いす)と名付けられた製品は、サイズを犬の大きさに合わせられる。最初のユーザ、犬のLuisaちゃんは、この車いすを1年間試用し、その部品は作者のMultecが大判の3Dプリンタでプリントした。この車いすは、分解して運ぶこともできるし、またサイズを必要に応じて変えられる。

3Dプリントは偉大だな、と思えるのはこんなときだ。わずかな量のプラスチックと、大量の創意があれば、多くの人や犬たちを助けるために、いろんなものを作れるのだ。

出典: 3DPrint

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

【関連記事】

(2015年5月9日「TechCrunch Japan」より転載)