BLOG

人工知能がベートーヴェンをEDM風、ブラジルギター風、ビートルズ風に演奏したらこうなった(動画)

2016年05月01日 17時03分 JST | 更新 2017年05月01日 18時12分 JST

人工知能が"歓喜の歌"をEDMふう、ブラジルギターふう、そしてビートルズの"ペニーレーン"ふうに演奏したら、こうなる。

パリのSony Computer Science Laboratoryが、欧州連合(EU)のテーマソングの編曲に挑戦した。

彼らは機械学習の最大エントロピー原理に基づいてコンピュータに、さまざまなタイプの音楽のもっとも目立つ特徴を認識することを教えた。

そしてチームはそのAIに、ベートーヴェンのクラシック中のクラシック"歓喜の歌"のパターンを、現代的に演奏するよう命じた。

下のビデオで、リーダーのサイエンティストが、そのやり方を説明している。

SonyのCSLは、彼らのプログラムが、AIが人の心に残るオリジナル曲を作れるようになるための第一歩だ、と信じている。

ラジオからコンピュータが作ったような曲ばかり聞こえてくるようになったら、あと数年でサイバートーヴェン(cyBerthoven)が登場するだろう。

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

(2016年4月30日 TechCrunch Japan「AIが訓練結果に基づいてベートーヴェン(EUのテーマ曲)をビートルズふうに演奏」より転載)

【関連記事】