Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

TechCrunch Japan Headshot

Amazonが"あげます"サービスを発表 うまく使えばマーケティングの人気者に?

投稿日: 更新:
印刷

2015-02-12-20150212tech1_screenshot20150209at104657pm.png

Amazonが今朝(米国時間2/10)発表したセルフサービス型のツールを利用すると、誰もが"あげます"(giveaway, 無料進呈)コーナーをセットアップできる。誰もがとは言っても、Amazonの場合は、著作家やマーケターや企業やブロガー、商業者などがプロモーションのために利用することが多そうだ。

品物の発送はAmazonの梱包発送機能を利用して行われるが、その品物はAmazonの扱い品目の中から選んで指定してもよい。

"あげます"のホストは、そのルールなどをテキストで書く。それは、クイズの問題、無料進呈の対象者数、などだ。

セットアップが終わるとAmazonがリンクをくれるので、それをいろんなところで提示できる。Webページ、ソーシャルメディア、メールなどなど。

その品物をAmazonで買ったとき以外は、このAmazon Giveawayサービスの利用に関して費用は発生しない。

2015-02-12-20150212tech2_giveaway_how_it_works_504x504_ct04.png

Amazonのルールでは、一つの"あげます"コーナーで最大50個までの景品等を提供できる。その総額は5000ドルまで。だからコンピュータなど高額なものをAmazonの商品の中から指定することは、できない。

基本的にはシンプルなテンプレートページが与えられるだけだが、そこに載せるUIや画像などは多少のカスタマイズができる。たとえばGIF画像によるアニメとか、その企業のTwitterアカウントへ行くボタンなど。

クイズに正解したりしてその品物をもらえることになったら、アドレス等を入力するためのウィンドウが出る。当たらなかったら、こんなメッセージだ:

2015-02-12-20150212tech3_screenshot20150209at104240pm.png

一般人も利用できるサービスだが、今日の立ち上げで勢揃いしたのはAmazonのパートナー企業ばっかりだ。彼らはソーシャルメディア上で#AmazonGiveawayというハッシュタグを利用できる。ただし、このハッシュタグをすでに使っているマーケターも一部にいるから、やや混乱を招くかもしれない。

現在Amazon上にある"あげます"コーナーの一覧は、ここで見ることができる。Amazonはこれからもこのサービスを、Twitterなどのソーシャルメディアサイトで宣伝していく、と言っている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

(2015年2月11日TechCrunch Japan「Amazonが企業等の"あげます"ページを無料でホスト...うまく使えばマーケティングの人気者に」より転載)

【関連記事】

他のサイトの関連記事

米アマゾン、会話する円筒形スピーカーEchoを発売。クラウド接続の音声エージェント機能搭載

Amazonがニューヨークでグロサリー配達を開始…eコマースは“やり方のクォリティ”で勝負する時代へ

「島根の土地300坪、無料であげます」--無料・格安品の掲示板“ジモティー”がすごい